ブログ | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 - Part 4 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ 2020年08月の記事一覧

2020年 8月 15日 やっぱ、夏休みって受験の天王山よね。 

こんにちは!

慶應義塾大学2年の伊丹裕一です!

 

いつもとは違う夏、有意義に過ごせているでしょうか?

僕の通う大学、コロナの影響なのか普段より夏休みが長いようで、、、

かといってそんなに遠出ができるわけでもないので、今年はいつもより多めに本を読んでみようかと!

家にいながら色々な知識が身に着けられるっていいよね!

みなさんも空き時間に是非!

 

さて、ここからが本題。

今回フリーテーマということで何について書こうかと考えていたんですが、やっぱり夏の有意義な過ごし方について少し書いてみようと思います!

夏休みは受験の天王山

これ、よく言いますよね。

簡単に言えば、受験生生活において時間のある夏休みをどう過ごすかは非常に重要ということを示すもの。

 

しかし、夏休みの最後の模試でA判定を取ればいいのか?

そうではない。

と、僕は思います。

 

シンプルに言うと、この夏、どのくらい頑張れるかで受験の結果が左右される。

(割と確信に近い体感。証拠は持ち合わせていない。)

何当たり前のこと言ってんの?と思うかもしれませんが、当たり前のことを真剣に言ってます。

もちろん、夏の勉強量や覚えた単語の数がその後に影響するということもありますが、それ以上に夏に頑張った人はその後も継続的に頑張れます。

これは実体験以上に、去年担任助手として生徒を見ていて感じたことです。

 

ここで頑張れた人は最後まで諦めずに受験と向き合い、結果を残していたし、少なくとも後悔はしていませんでした。

だから、みんなにも頑張ってほしい!

 

関係ないと思った2年生以下のあなた、要注意!

2年生以下のみんなこそ夏頑張るべき!

僕自身、自分の受験結果には全く後悔していないし、満足していますが、僕は元々国立志望でしたが、数学の苦手が克服できず断念。

高1・2のうちからもっと本気で何とかしようとしていれば、最後まで国立という選択肢を持てていたかも、、、

 

多い選択肢から選ぶのと、少ない選択肢から選ぶのであれば、絶対に多いほうから選んだ方がいいんです!(言い切り)

それに、いつから頑張り始めれば間に合うかなんて誰にも分らない。

だったら手遅れになる前に。というより、お得なうちに(?)頑張らない?

 

もちろん、頑張るべきは勉強だけじゃなくて部活や行事もちゃんと頑張るべきだと思ってます!

二兎追う者は一兎をも得ず?

いやいや、二兎追って二兎得ればいいじゃない。

 

そういう環境が東進にはあるし、青葉台校の担任助手はみんな応援してます!

それでは、いざ勝負の夏。

頑張ろう!

time lapse photography of man jumping at seashore

 

担任助手2年 伊丹裕一

 

 

 

2020年 8月 14日 化粧を見直して 

こんにちは

担任助手2年の小川真亜紗です!

 

最近は本格的に!!

なので、日焼けをしたくない私には

恐ろしい季節ですね笑

SPF50+の日焼け止めを塗り、

アームカバーをし、日傘を差す

日焼け対策ガチ勢な私を見かけても

驚かないでくださいね!

 

今回のブログはフリーテーマということで、

何を書こうか、、、

K-POPについて語ろうか本当に

迷いましたが、やめて、

 

化粧について

話そうと思います!!

 

化粧というと女子って感じですよね、

最近、自分の化粧を見直した私は

今、化粧と勉強の共通点を

見出しました。

 

まず化粧をするのに、工程が多ければ多いほど

つまりやることが多ければ多いほど、

時間がかかります。

例えば、化粧を全部ちゃんとやると

日焼け止め→下地→ファンデ→パウダー→シェーディング→アイブロウ→アイシャドウ→・・・

これでもまだ半分も終わっていません。

 

全部やっていたら時間がかかります。

確かにやればやるほど盛れるかもしれない

でも、全部やったからといって正直その変化は微々たるもの、

いらない工程が含まれているはずです

 

何が言いたいかというと、

勉強においても何か削れる部分はあるのでは

ということです。

例えば、今鞄の中に詰まっている参考書を

全部見てみてください。

本当に全部必要ですか?

最近新しい参考書買ったけど、

前の参考書は終わってない

みたいなことになっていませんか?

 

いろいろなものに手を出しすぎて、

時間が足りなくなっているかも

と思う人は、一度化粧の見直しのように

勉強の見直しをしてみてください!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

担任助手2年 小川真亜紗

 

 

 

 

2020年 8月 13日 私の尊敬する人 

こんにちはー!!

課題がやっと落ち着いてきてほっとしている

法政大学社会学部1年の井上奈美です。

 

今回はフリーテーマなので

私の尊敬する人について話したいと思います!

私の尊敬する人は…「新島八重」さんです!

以前NHKの大河ドラマで綾瀬はるかさんが演じていたので、

知っている人もきっといらっしゃるのではないでしょうか?

新島八重さんを簡単に説明すると、

・江戸末期~昭和初期を生きた女性

・幕末会津で女性ながらに戦に参加「幕末のジャンヌダルク」

・同志社大学の創設者である夫、襄とともに女子教育に尽力「ハンサムウーマン」

・篤志看護師として従軍し、勲章を与えられる「日本のナイチンゲール」

これを見て、皆さん感じたでしょう…

かっこいいん…です…本当に

八重さんは偏見のある時代を強く生き抜いたことでも知られています。

私も八重さんのような意志の強い、かっこいい女性になりたい…

そんな風に漠然と思っています

道のりははるか遠いですが?

 

受験時代、八重さんの名言に何度も救われました。

それは「どんなに波が荒く強くても、心の岩は決して動きません」ということです。

強い意志を持ち続れば、どんな試練も乗り越えられるという言葉です。

尊敬する人の言葉ってすごく深く刺さりますよね…?

 

皆さんもつらくなった時や、苦しいとき、

だれか尊敬する人の言葉に頼ってみるのはいかがでしょうか?

きっと、気持ちを切り替えられるでしょう!!

 

担任助手1年 井上奈美

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年 8月 12日 ときまつぶろぐ 

最近母校である市ヶ尾高校でチラシ配布をしていた

ら先生たちにバカにされて泣きそうになりました。

ぴえん通り越してぱおんですね。( T_T)

時代についていこうと

必死にもがいている担任助手1年の時松です。

時代の最先端といえば、最近niziUという

アイドルグループが話題になりましたね。

一緒に有名になって最近みんな踊ってるniziUの

縄跳びダンスは公園ではやらない方がいいです。

小さい子たちが集まってきてすごい恥ずかしい

思いをします。しました。

 

最近、東進の有名な英語の先生である

大岩秀樹先生の公開授業が青葉台校でありました。

僕も授業を受けさせてもらいましたが、

やはりとてつもなく興味深いものでしたね〜

 共通テストの話、どのぐらいのペースや質で

解けばいいのか。

などなど、、いろいろな面白い話を聞けましたが、

その中でも1番僕が面白かった

と思える問題を軽くオマージュして

ここで出題したいと思います。

是非みなさんも勉強の息抜きにお考えください!

 では問題。

以下の4つの選択肢から仲間外れとなる問題を

お答えください。

①ダイコン ②トマト ③かぶ ④ベイマックス

さぁ、どれでしょうか?? これは簡単ですよね!

 

正解を発表します。

 

正解は、、、

 

ありません!

なに言ってんのこいつと思ったそこのあなた。

どれかを選択したそこのあなた。

どんまい!

というのも、この問題実は答えられないんですよね

 

だって

 

仲間外れってそもそも、仲間がどの3つなのか

わからないんですよね!

②を選んだ人は「緑」という仲間づくり

③を選んだ人は「カタカナ」という仲間づくり

④を選んだ人は「食べ物」という仲間づくり

などなど、頭の中で様々な仲間づくりを

勝手に行ってしまったわけです!

強いて言うなら、

正解は「答えられない」ですね!

問題に答えるには「条件」が必要だった

ということです。

なぜこの話をしたかと言うと、共通テストの英語の

問題にも似たようなことが言えるからです( ͡° ͜ʖ ͡°)

センターや共通テストは見たところたまにひっかけ

のような問題が出題されていて、そこから毎年

山のようにミスが全国で生み出されています。

正しい条件を探し出し、正しく答えを選別すれば

引っかかることはまずないでしょう!

是非友達に先ほどの問題を出してみてください

友達がどれかを選択した場合、

笑いながらこう言ってやってください。

「君、そのままじゃ受験やばいよ(笑)」

友達1人減ったんですけどどうしてくれるんですか

という質問は受け付けません。

自己責任でお願いします∧( ‘Θ’ )∧

これから夏に入ってどんどん勉強も忙しくなると

思いますが、

やはり無駄にしたくないのは高校生活。

勉強も高校生活も無駄にはしないように、残りの

短い高校生活を

“全力”で

楽しんでくれることを期待しています!

 担任助手1年 時松

 

 

 

2020年 8月 11日 雨垂れ石を穿て

こんにちは!

担任助手3年の田中です。

 

この間梅雨明けしたみたいですが、

今年は長かったですね~

なんとなく天気と気分って関係ありそうだなとこの梅雨期間で感じました(笑)

 

さて、タイトルの言葉知っている人いますか?

「雨垂れ石を穿つ」

これは、私が書道クラスだった高校1年生の時に書いた言葉です。

んなことどうでもいいですね!

 

これは、

軒下から落ちる小さな雨垂れ(雨水)でも、

長い間同じところに落ち続ければ

硬い石でも穴をあけることができる

という意味から、

たとえどんなに小さな力でも

根気よく続けていればいつか成果が得られるようになる

ことを意味します。

 

これ、勉強しているときでもすごく当てはまると思います。

 

ちょっとやっただけなのに、成果が出ないと落ち込んでいませんか?

十分なインプット・アウトプットが積めていないのに、もう無理だと諦めていませんか?

 

努力に対しての結果は、たいていすぐに出るものではないです。

 

例えば、これを読んでいる皆さんはこの文章をすんなり読むことができますよね。

ひらがなもカタカナも、漢字も難なく読めるはずです。

それは十数年間日本語に毎日触れてきて、こつこつと勉強してきたからです。

少しスケールが大きすぎますが、そういうことじゃないでしょうか。

 

英語にしたって、数学にしたって、歴史にしたって、

数か月で完璧になる人なんて稀です。

日々の小さな積み重ね、継続が必要です。

 

少し立ち止まって、

自分は何をすべきなのか、習慣化できているのか、効率的か、

考えてみてください。

今年の夏は今までにないくらいの努力の夏にして

硬い石に穴あけちゃいましょう!

 

ではでは、身体に気を付けて今月も頑張りましょう(^ω^)

 

担任助手3年 田中萌

(地味に冒頭の梅雨とことわざの雨かけてたの気づいたら5ポイント)

 

 

 

過去の記事