2月 | 2018 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ 2018年02月の記事一覧

2018年 2月 28日 努力は”時々”報われる

こんにちは!

立教大学経済学部経済学科

担任助手3年の木賀光輔です!

 

今年の受験ももう終盤です。

今年で担任助手3年目となりますが、毎年受験は難しいなってつくづく思います。

 

「努力は”必ず“報われる」

たしかに間違っていないと思いますが、

僕は完全に正しいとは言えないと思っています。

「努力は”時々“報われる」

自分自身の受験の経験と、

担任助手として3年間で受験生を送り出してきた経験から、

こんな風に思うようになりました。

 

ことばを恐れずに言いましたが、

こと大学受験に関して言えば、これが真理なんじゃないかなと思います。

 

これだけ努力したのだから、”必ず”◯◯大学に合格できる

このやり方をすれば、”必ず”成績が上がる

この本を使えば、”必ず”できるようになる

 

こんな風に上手くいってくれればいいものを、

大学受験はなかなかこうはいきません。

 

受かると思ったところに、なぜか受からなかった

あんなにやったのに、成績が上がらなかった

 

毎年悔しいなと思います。

 

受験はなんとかなりません。

だから、なんとかしないといけないんです。

 

「どうせ最後はなんとかなるだろうから大丈夫」

「まだ高2だし」

「まだ高1だし」

「高3になったら」

「部活が終わってから」

もしかしたらそんな感じのことを思っているとしたら、

もう一度、「本当にそれで、受かるのか」、自分に問いかけてほしいです。

 

僕達担任助手は、本当にみんなに受かってほしいです。

心の底からそう思っていますし、

僕達にできることがあるならばそれを全力でやってあげたいと思っています。

だからみんなも、”本気で”頑張ってみてほしい。

今日から。今から。

最後まで支えるので、青葉台校を信じてください!

これからもよろしくお願いします!

2018年 2月 27日 一歩でも前に。

皆さんこんにちは!
立教大学社会学部社会学科
担任助手3年の近内です。

国公立前期入試が終わりましが、
まだ受験は続いています。
受験生の皆さんは、あともうひと頑張りです!
最後まで一緒に頑張っていきましょうね!

さて、今日のタイトルは「一歩でも前に」です。

現在高1、2の生徒さんの中には、
「3年生になったら本格的受験勉強を始めよう」
と思っている人もいるのではないでしょうか?

確かに、学年の始まりは分かりやすいスタートですよね!
クラスや授業も変わり、
学校の雰囲気も受験モードになっていきます。
実際に近内のまわりも雰囲気が変わりました。
普段勉強なんてしないような友人が、
受験を語り始めた時、
「あぁ、ほんとにあと一年なんだ」
としみじみ感じたことを覚えています(笑)

でも、ちょっと考えてみてください。
3年生って、使える時間がいきなり大幅に増えるでしょうか?

学校や部にもよりますが、多くの部活(特に運動部)は、
春~夏の大会が引退試合になることが多いです。
部の中心たる3年生は引退のかかった大会に向け、
最後まで全力で練習をすることになります。
それを支えるマネージャーさんも一緒ですね。

さらに、学校によっては学校行事もあります。
体育祭や文化祭に力を入れる学校は準備も大変です。
近内の母校である大和高校は体育祭に力を入れていたので、
3~5月は準備などで忙しかったです。
湘南高校などは夏休みも準備がありますね。

(高校のOB会でバレーをする近内)

しかも数は少し減っても、
授業やテストは今までのようにあります。

…と、長々と話しましたが、要するに3年生って、
そこまで使える時間が増えるわけではないんです。

現に近内は体育祭副団長+男バレ(引退6月末)があったため、
本当に時間を勉強だけに捧げ始めたのは7月からです。
受験まで残り7か月ほど。ほぼ半年です。
9月から過去問演習を始めるためには、
2か月で高校全範囲の復習です。
私文3科ですら厳しい、況や国立をやです。

だから皆さんには「3年になったら」と思わないで欲しい。
結局まとまった時間を取るのは難しいし、
まとまった時間が取れるようになっても、
知識はすぐには定着してくれません。

それに、それで合格できるほど、大学の入試は甘くはありません。

たとえ時間を取ることが難しくても、
ほんの少し、受講1つでもマスター100回でもいい。
毎日小さな一歩を続けることが、
受験の合否を左右する大きな一歩に繋がっています。

皆も今から、「小さな一歩」を大切に、
努力を始めてください。

時間がなくて忙しい人ほど、
「今」スタートしましょうね!
3月が皆さんにとって実り多いひと月になりますように!

 

 

2018年 2月 26日 いままでお疲れ様。

 

皆さんこんにちは担任助手1年小川賢人です。

 

 

国公立を受験する人も今日で入試が終わりますね。長い長い受験生活お疲れ様です。

 

もう結果がでてきていていろいろなことを考えている人もいるかと思います。現に去年の僕もそんな一人でした。

でも一年過ごしてみて思ったのは未来には答えがないという答え以外にはありえない、ってことです。

 

こいつは何を言ってるんだ?とおもうかもしれませんが、言いたいことはどんな形であれ今思い描いてる未来は必ず裏切ってきます。

それは良い意味でも、悪い意味でも。

 

だからまあ今から無駄に希望を持ったり、悲観したりはしないようにしてくださいね。

 

あと大学に入ってからやるアルバイトが決まってなかったら、担任助手の説明会にも出てみてください。

 

僕自身去年の今頃は担任助手をやるつもりは全然なかったし、少しでも興味があるのならやってみる価値はあるかなと思います。

 

これから皆さんと直接関わる機会はもうないかもしれませんが、これからの皆さんの成長を願っています。

 

では僕からはこのへんで。

 

 

 

担任助手1年 小川賢人

 

 

 

2018年 2月 25日 ついに、、

 

こんにちは!横山紗英です!

ついに、明日から国立大学の受験が始まりますね。まだ東進で勉強している人のうちの多くが

明日の試験のためにここまで頑張ってきたのではないでしょうか。

ここまで来るのにそれぞれにいろいろなことがあったと思います。たくさん悩んで、何度も負けそうになって

苦しい思いも時にはしてきたと思います。もしかしたら今現在そういう状況の人も

いるかもしれませんね。

私立の発表がどんどん出てきてて、うまくいった人も思うようにいかなかった人もいると思います。

私立の結果に惑わされそうになると思いますが、今一度自分の第一志望はどこなのか、

考えてみてください。どの大学に行くために難しい過去問と今まで格闘してきたんですか?1番時間を割いて勉強してきたのは

どの大学のためですか?充分分かってるとは思いますが大学受験の合否はその大学の数字なんかで表される偏差値

が全てではありません。大学によって問題の傾向は違うし、知っている英単語の数が同じでも、訓練をしていたかしていないかで

点差は大きくつきます。私立が全てダメでここだけ受かったという人を私はたくさん知っています。

だから、めげそうになることもあると思うけど、そのせいで今までの頑張りを無駄にしてほしくはないのです。

明日の試験への思い入れと少なくとも努力量は1番大きかったはずです。

まだ試験は始まってもいません。まだできることはあります。

 

あとひとふんばり、いってらっしゃい!!

 

一橋大学社会学部1年 横山紗英

 

2018年 2月 24日 受験終盤戦 担任助手1年鹿住周

こんにちは。鹿住です。

最近はだいぶ青葉台校でも受験が終わった人が増えてきましたね。それにつれて青葉台校では三年生の姿もだんだんと見れなくなってます。

少し寂しいような、でも喜ばしいような複雑な気持ちです。

しかし、まだまだ受験が終わっていない生徒もいますよね。

国公立大学の前期試験は明日や明後日が本番です。

自分の受験が終わった人は応援してあげてください。

本当に受験科目も多いし大変だったと思う。

よく頑張った!って思う。

あとは自分を信じて本番に全てぶつけて欲しい。

後悔だけはしないように。大丈夫!

あとはちゃんと寝てちゃんと食べて会場行くだけ。

自分の第一志望が国公立大学だったけど、自分には縁がなかった分応援する気持ちは人一倍強いと思います。

ここで少し先に目を向けます。

国公立大学の後期試験はさらに2週間以上先です。

私立大学でも後期試験はこれからですよね。

鹿住もあまり人には言わなかったけれど国公立の後期試験を受けました。

で、結果は不合格でした。

内容なんですけど、高1以来ほぼ触れてない生物についての小論文だったんですね。

生物も小論文も特にやってなかったけど、行きたいなって思える国公立大学が近くにそこ以外なかったのでとりあえず受けました。

今回は受けた内容じゃなくて、国公立前期試験後の雰囲気について去年を振り返って生徒の視点から少し話してみようかなと思います。

ひと段落ついたなーって気持ちが強いです。

だいたいの人は本命としている大学の受験後の期間と国公立大前期試験終了後の期間が被りますよね。

以前に設定していたゴールよりもきっと遅い時期に国公立後期試験や私立の後期試験があると思います。

それに加えて、すでに周りの人達で多く受験終わった人いますよね?

ワイワイしてますよね?

いいなーおれのも早く終わらねえかなーってなりますよね?

卒業式とかあったりしますよね?

勉強を続けるには覚悟が必要です。

校舎に来たと想像してみてほしいです。

残念ながらほとんど校舎に三年生はいませんでした。たしか自習室に3人くらいだったかな?途中でインフルになって行けなくなってしまいましたが3月入ってすぐくらいはそんなもんでした。

ね、なかなか大変そうでしょ?主にメンタルが…

後期試験を受けようと思っている人でこのブログを見ているあなた!

少ないかもしれないけど絶対いるはず!

この後の少しの期間頑張り切れる人は少ないから、覚悟決めて勉強できれば差をつける。埋められる。と思う。

同級生が減ってすこし校舎に来づらい気持ちになるかもしれませんが、

最後までみんなで応援するから遠慮せずに青葉台校で勉強してくれ!

担任助手1年 鹿住周