2次対策を始めるきみたちへ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 9月 7日 2次対策を始めるきみたちへ

こんにちは!

法政大学社会学部1年の田中萌です!

 

まずはみなさん、夏休みお疲れ様でした

 

1日中勉強する毎日が続き、

まだ終わらないのかともやもやしたり、

着実に力をつける仲間や、大量の演習を積むライバルの存在に焦ったり、

決して楽な日々ではなかったと思います。

でも、そんな夏休みを乗り越えたみんなは確実に強くなっています。

精神面であったり、成績であったり、どこかしら!(笑)

だから、とりあえずは自分自身をほめてあげて!!

 

そしたらまた、気持ちを切り替えて、目の前のやるべきことを明確化してがむしゃらに勉強しよう!

辛いのは分かってます、でも、みんなが欲しいのは合格の二文字ですよね。

そのためにはもう、やるしかないんです!!!

なかなか成果がでなくてすぐ落ち込んで、何度か立ち止まりそうになったわたしが今考えると

落ち込んでる暇も、くよくよしてる暇も、うまくいかなかったらのことを考える暇も、

受験生生活においてはまったく存在しません。

ほんっとに、1分1秒が最後の最後で差を生みます。

 

だけど最近、夏休みが終わって気が少しゆるんでしまってる子が多いような気がします。

受付での自習が長かったり、おしゃべりが長くなってしまったり、、

気分転換をするのも大事ですが、その間に遠く離れた場所にいるライバルは

こつこつと勉強を続けていることは忘れないでくださいね!!!

 

、、と、夏休みの振り返りが少し長くなりました(笑)

今日は、2次対策の過去問演習についてお話したいです!

わたしが2次対策において重要だと思ってるのはずばり、

過去問分析(受付にある分析シート)

です!!!

自分で言うのもなんですが、わたしはこの過去問分析を

これでもかってくらい丁寧にやってました。

(写真を貼りたかったけどできないので見たいって言ってくれる子がいたら声かけてください笑)

具体的に何を書き留めていたかというと、

大問ごとの目標時間

実際にかかった時間(目標との差)

大問ごとの得点率

解くときに注意したこと

丸付けして感じたこと、わかったこと

大問ごとの傾向

自分がどういうミスをして、それを次はどういう風に改善していくか

などなどです。

 

これを第一志望の受験校はもちろん、その下の学校の過去問においてもやってました。

 

受付にある分析シートを実際に見て、「え、これ必要なん?」って思うかもしれません。

でも、分析が活きてくるのは2周目の過去問演習のとき!!!

2次の過去問って、2周目でも意外とたくさんミスが出てきます。

なんで2周目でこんなに、、と思ったら過去問分析の出番です。

1回解いたことのある問題でどうしてうまくいかないのか、

それを解決するヒントは1周目に解いた自分が持っています。

学校ごとに癖のある2次対策は、

回答に至るまでのプロセスをいかに早い段階で自分のものにするか

がカギになるとわたしは思います。

 

これからみんなが少しでも早く、2次の受験校の問題で得点が取れるようにするために、

過去問分析めっちゃくちゃおすすめします!!

 

まだまだいくらでも力をつけられるよ、一緒に頑張ろう(^^)

 

 

担任助手1年 田中萌