高3の夏にやっていて良かったこと | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2015年 8月 20日 高3の夏にやっていて良かったこと

こんにちは!
担任助手2年の長井です♪

夏がもうすぐ終わってしまいますね~…
みなさんは充実した夏休みを過ごせていますか?

さて!今回わたしがお話したいことはわたしの高3の夏休みにやっておいて良かったことについてです
わたしが高3のころと言うともう2年も前ですが3つほど伝えたいことがあります

①基本は毎日繰り返すべき!
これはわたしが高3のときに本当にやっていたことです。
毎日朝、単語・熟語・ネクステと青チャートの1回間違えたところを5問解いていました!
夏休みだったからもう1通り覚えてはいたのですが忘れないように基礎的なところを朝1時間くらいとってやっていました。
これをやっていたおかげで8月の模試でも基礎的なところでミスを全然しなかったです♪

②予定は自分でちゃんと作るべき!
高3になったころからのわたしの勉強習慣の1つに1週間のスケジュールを作ることがありました。
月と週で最低限終わらせることを決め、1週間ごとにそれを達成するための計画を立てていました。
計画があると自分の勉強のリズムが作れてスムーズに勉強できます!
これを自分で無理なく達成できるものを立てることで計画通りに進められます!

③志望校について調べる!
これは勉強の息抜きにやっていましたが、大学のオープンキャンパスに行ったり赤本を見てみたりしていました。
オープンキャンパスは受験する大学すべて行くわけではなく、雰囲気を見ておきたい大学をいくつかいきました!
赤本についてはとりあえず受験する大学を片っ端から集めました!!
赤本は夏のうちに集められるものは集めていました♪

このほかにも、センター10年分だったり大問別だったりやることはありますがわたしが特にやっておいてよかったことでした!

担任助手2年 長井布美