頑張ることが苦手な人へ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2021年 5月 2日 頑張ることが苦手な人へ

僕は、今までの人生でほとんど頑張ったという経験がありません。

なぜなら、「頑張る」という行為がとても苦手だからです。

 

先日、本多先生がブログに「頑張る」

という動詞の意味を載せていました。

①困難にめげないで我慢してやり抜く。

②自分の考え・意志をどこまでも通そうとする。

 

僕は、①が特に苦手なんです。

にもかかわらず、性格は②なことが多いです。

その結果、目標を達成できなかったり、

勝負に負けることも多々ありました。

挫折も人一倍してると思います。

 

しかし、こんな僕にもたったひとつ武器がありました。

この武器を持っていたおかげで、今の自分があると思っています。

それが、「ふざける勇気」です。

 

「ふざける勇気」ってなんやねん。

そう思った方も多いと思うので、僕なりの定義を書いておきます。

「ふざける勇気」とは、

①本筋を真剣に取り組みながらも、余白でふざけられること

②努力を楽しめること

を意味します。

僕はこの武器を駆使することで、

みんなが「頑張っている」ことを「面白がる」ことが出来ています。

 

僕の好きな言葉にこんな言葉があります。

「努力は夢中には勝てない」。

意識的に行動する人と無意識にそれが出来る人、

この差はとても大きいです。

 

勉強が手についていない人は、

まずはやらされる勉強をして下さい。

勉強をやらされている人は、

主体的に勉強に取り組んで下さい。

努力して勉強出来ている実感がある人は、

気付いたら勉強してるくらいにまで夢中になって下さい。

どのカテゴリーの人でも、

満足のいく受験生生活になるよう、

僕も全力で伴走します。

頑張るな、楽しめ。
そして、面白がれ。

担任助手4年 大岩優斗