青葉台校の貴公子…? | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 4月 20日 青葉台校の貴公子…?

みなさんこんにちは、最近六大学野球の応援に行ってきてもう明治愛がとまらない北村絢那です。ふるごおり先生のまえに失礼します。

神宮球場やで!!すごない??むっちゃテンションあがるわ!!

そして帰りの電車で明治大学の校歌を聞くのが日課になりました。良い歌です。勉強の合間に是非。 
 

さて、タイトルを見てざわついてる皆さんの顔がみえますが、、、
大変長らくお待たせしました!!!今日は青葉台校が誇る謎の美男子・出浦怜央先生についてお話ししたいと思います!!よっ!!拍手!!


 写真NGみたいですね。事務所通さないといけないっぽいです。

では、まずは基本情報から。
出浦先生は学習院大学文学部日本語日本文学科に通って早4年の大御所大学生です。見ての通り貫禄アリアリですもんね。私が東進に入ったばかりの頃は40代ぐらいの社員の方かと思ってました。笑
 

そんな出浦先生は国語が大の得意科目です。受験したときは文学部しか受けなかったらしいです!!将来は国語の先生になるのが夢というだけあって、教えるのもめちゃくちゃ得意なんですよ〜〜

ここでひとつ出浦エピソードをご紹介。
私が受験生の時の夏休みのこと、センターの過去問を10年分解いていくなかで現代文の点数がなかなか伸びなくて悩んでいたんですね。行き詰まってしまった私は出浦先生に質問することにしました。すると出浦先生はなんと2時間ほどかけてセンター現代文の攻略テクニックを教えてくれました。そして迎えた8月末のセンター試験本番レベル模試。夏休みの成果をどれだけ出すことができるかという大事なこの模試で私は現代文98/100点(漢字1ミスのみ)という脅威の成長を遂げることができました!!!
出浦先生、すごすぎませんか?もはや偶像崇拝のレベルですよね…
国語の勉強法で悩んでいる生徒は是非出浦先生が暇そうなときに捕まえて質問してみてください!!みんな出浦マジックにかかろう☆〜(ゝ。∂)
 

さて、さっきからなんで私がこんなに熱く出浦先生について語っているのか気になったそこのキミ。実はね、私は生徒時代出浦先生の担当だったんです!!
羨ましいでしょ?でも、最初はとっつきにくくて正直苦手だったんです。見た目クールだし話長いしかっこいいし
そんなマイナスなイメージはグループミーティングや模試後の合格指導面談を通して変わりました。出浦先生は生徒としっかり向き合ってくれて、生徒の可能性を信じ続けてくれました。また、口に出す言葉の一言一言に重みがあって何度励まされたか分かりません。こんな素敵な担任助手に出会えて本当によかったなと心から思っています!
次は私がみなさんにとってそんな存在になれるように、頑張っていきたいです。

 

どうでしょうみなさん、けっこう出浦先生について分かってくれたんじゃないでしょうか?でも実はまだまだ語りたいことはたくさんあって胸がいっぱいなんですけど、それはまた別の機会に。笑 まだ10分の1くらいしか語れてません。いとくやし。。。
クールな見た目からは想像がつかないくらい長々と話してくれるので、質問じゃなくても勉強の息抜きがてらに話しかけてみてはいかが?(^O^)/
 
それでは今日のところはこのへんで。明日のブログもお楽しみに!!アディオス!!!

担任助手1年 明治大学情報コミュニケーション学部 北村絢那