青木の数学勉強法 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 8月 23日 青木の数学勉強法

こんにちは!

あと1週間で香川へファームステイに行く、青木です:-D

模試まであと5日ですね。と、同時に夏休みももう1ヶ月たってしまい、終わりをつげようとしているわけで。。。

ふりかえってみてどうですか?1日1日を大切に、全力ですごせましたでしょうか?

総括をすることはとても大切です。きちんと振り返り、これから修正していきましょう!

では今回の本題に入っていきたいと思います。

ズバリ!青木の考える数学勉強法

青木といえば生物・・・と思う方もいらっしゃると思いますが、なんのなんの。

実は大好きなのは数学なので今回は数学について書いちゃいます!(一応、高校は理数科です笑)

数学、こんな人いませんか?

「とりあえず問題集何周もすれば出来るようになるっしょ」

「数学はひらめきがないとできない」

確かに、量を積むということは大切ですし、何周もすればできるようになるでしょう。また、ひらめきがないと解けないかもしれませんね。

でも、これはちょっと違うんです!

最終的に何周もしなくてはいけないのですがそのやり方が問題なのです。

①分野ごと(Ⅰ・Aなど)にどれくらいどの単元の理解ができているのか確認

これはどんなツールでも構いません。センター過去問でもいいし、ちょっと薄めの問題集でもいいし。

とにかくどの単元の理解が甘いのかということを自分でわかればいいのです。

なので全範囲が演習できる薄めのものを確認に使うといいですよね♪

ちなみに私は短期集中ゼミというのが学校で配られていてとても薄くて要点もまとまっている問題集だったのでそれを使用しました。

わかるかわからないかという識別をしっかりしてわからないものをわかるようにするという作業が近道です!

②自分の愛用問題集で理解の甘い単元をひたすら演習

例えば数列の理解が甘かったとしましょう。

そうしたらその単元をまちがいがなくなるまでひたすら演習するのです!

センターレベルであれば大問別や単元が少ない場合は4STEPなど学校で配られた教科書付属の問題集がいいでしょう。

実はそういった問題集はとても優秀なのですよ!

何周もするときは間違えた問題のみやっていって最終的に間違いを0にしましょう。

そうしたらその単元は完璧なはずです!

そうやって完璧な単元を増やしていきましょう♪

~番外編~

「数学はひらめき」

と思っている人、ひらめきというのは何もないところからいきなりふっと出てくるものなのでしょうか?

ひらめきとは結局は既存のものの組み合わせなのです

つまり

ひらめきがない=既存の知識の不足or組み合わせ方がわからない

ということです。

既存の知識・組み合わせとは?

数学においては、基礎・基本=例題暗記です。

解ける時って、例題のやり方もしくは例題のやり方をちょっとひねったやり方じゃないですか?

つまり、ひらめきがないという人は教科書の例題や教科書附属の問題集(4STEPなど)をひたすらやりましょう。

時には簡単すぎて笑いが出ちゃうかもしれません。

「ちりも積もれば山となる」

そういった地道な努力にこそ、成功の鍵が隠されています。焦らず、頑張っていきましょう、避けて通れない道なのです。

 

さて、いかがでしたでしょうか?

いつも農業について語っている青木ですが今回は数学について語ってみました。

数学大好きなので分からない問題があればぜひ、青木に質問しにきてくださいね☆

それではまた会いましょう!

東京農業大学国際食糧情報学部国際農業開発学科

担任助手2年 青木菜奈

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事