集中力が切れた時の対処法 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2015年 9月 22日 集中力が切れた時の対処法

こんにちは!木賀です。

最近やたらと映画館に行ってる木賀です。この前はバケモノの子を見ました。最高でした。笑
大学生になると、高校生までとはちがって自分に投資できる時間が圧倒的に増えます。自分の好きなことを全力でできます。皆さんも、受験を始めてから終わるまでの辛かったこと、苦しかったことは、合格してからぜんぶ喜び、楽しさになって帰って来るので、最後まで一緒に頑張り抜こう!応援してます!

さて、前置きが長くなりすいません。笑
今回のテーマは集中力が切れた時の対処法です!
長い勉強時間の中、少しでも中身の濃い時間を増やすため、自分がやっていた対処法を3つ話します!少しでも参考になれば何よりです!

①机を片付ける
今やる勉強以外のものはしまいましょう。余計なことに気をとられることがないので 本当にやりたいことに集中することができて、脳のパフォーマンスが向上します。
勉強中、机の上にいろいろ物を置いていることはありませんか? 

②水を飲む
水を飲む行為が、散漫になりかけていた注意を集めなおしてくれます。
また、脳は80%以上が水なので、毎日の水の飲む量を増やすだけで集中力と記憶力を高められます。
疲労、集中力の低下、イライラ、極度の空腹などの症状は、脱水症状が形を変えて現れた可能性があります。 

③昼寝をちゃんとする 
これは自分的にけっこう大事だと思っています。「全力で頑張ること=寝ずに頑張ること 」ではありません!また昼寝と居眠りは違います!ちゃんと決まった時間に、何分か決めて、全力で昼寝する。午後からの勉強の質がきっと変わってくるはずです!

受験勉強は効率が大事です!質と量を常に意識してやっていこうね!

担任助手1年 木賀光輔

体験授業のお申込みはこちら

 

入学希望の方はこちら

 

東進のシステムはこちら

 

自分にぴったりな講座を選びたい方はこちら

東進の授業を体験⇒Web体験授業