部活を頑張っている人へ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2015年 11月 16日 部活を頑張っている人へ

こんにちは!
もうすでに寒さに耐えられなくなってきている私です、馬場です。
私の通う中央大学がある多摩は、天気予報を見てもらうとわかるように、
「東京」とひとくくりにされることなく「八王子」に区分されます。 
そうなんです、特別寒いんです。
「家の近くではそこまで寒くないけど、大学の近くでは雪が降っている」
こんな現象が起こると先輩から聞いて、恐ろしくて仕方ありません。笑

部活生のみなさん!
寒い冬をこえたら暖かい春がやってきますよね。
と同時に実質的な学年もあがり、いよいよ名実ともに受験生へなっていくのですが、
部活もしつつ、いきなり受験生になるのって難しいと思いませんか? 

ブログを読んでくれているみなさんが難しいって思っていることを前提に話を進めていきますね笑

私が東進に入ったのは完全に部活を引退した高2の3月だったのですが、
その前にやっていてよかったやっておけばよかった、と思うことがあるのです。
では、そのやっていてよかったやっておけばよかった、こととはなんなのか。
それを話していきたいと思いますね!

①短い時間でも毎日勉強する習慣をつける

なぜ大事なのかわかりますか?
受験生を想像してみてください。そこに答えはあります。

高3になった時点で毎日少しでも勉強する習慣がついている人がなぜいいのかというと、
そういう人は、毎日勉強する習慣がついていない人よりも一足早く先の段階へと進めるからです!

毎日勉強する習慣がついてないと、まずは毎日勉強することから始めますよね。
その次の段階として、長い時間勉強をする、といことになります。 
一方で毎日勉強する習慣がついていれば、長い時間勉強をするという段階からスタートできるのです。

習慣というものは、ついてしまえば簡単ですが、なんせ、つくまでに時間がかかるもの。
この差はかなり大きいですよ!

② 計画を立てる

みなさん、計画を立てろって色々な人から言われませんか?
私も言います、計画は立てた方がいいです、絶対に。

どうして計画を立てることが重要なのか。
私は次のように考えています。

「計画を立てることが受験の概形を見ることと、自分の現状を把握することにつながるから」 

どういうことなのか説明をしていきますね。
受験の終わりはもう決まってますよね?つまり、試験当日のことです。
その時までにどのレベルまで自分の学力をもっていかなければならないのか、
逆に今自分はどの段階にきているのか。

はい、ここです、ここポイント!
今の上のとこ! 

勉強することの計画を立てようとすると、ここを必ず考えることになります。
これを逐一考えることによって 、自分に何が必要かがわかり、効率のよい勉強をすることができます!

部活生は時間とうまく向き合う必要がありますからね。
効率の良さってとっても大事だと思います! 

 

以上2つが私からの部活生へのアドバイスです!
ぜひ!日々の勉強に取り入れてほしいなーって思います(^^)

実践する上で何かわからないことがあれば、質問いつでも受付中ですので。
部活も勉強も全力でがんばりましょう♪

担任助手1年 馬場由佳 

 

体験授業のお申込みはこちら

入学希望の方はこちら

東進のシステムはこちら