過去問or問題集 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 10月 14日 過去問or問題集

最近、過去問を進めることが出来ないという質問をよく受け付けます。

過去問を実際に解いてみて全然解けないとやる気がなくなりますよね。

周りも過去問をどんどん解いていると実際かなり焦ってくると思います。

しかし、ここで自分の状況をよく見つめなおしてみてください。

過去問は敵を知るためのものです。

自分の実力が全くないのに敵ばかり見ていても、分析はできません。

しかし一方で、自分の実力ばかり伸ばすことを考えていても、敵を知らなければ返り討ちにされてしまいます。

自分の実力を伸ばすことと相手の実力を知ることのバランスがとても大切です。

相手を十分に知ることが出来れば、敵を倒すための準備もできます。

そこが過去問を早めにやることの重要性です。

しかし、焦ってやるのもおかしい話です。

 

ではこのバランスをどのようにとるのか。

自分で見極めることができればベストですが、客観的に見ることはかなり難しいです。

そこで、担任助手の先生に聞いてみるのが良いのではないかと思います。

自分に似た境遇にあった先生を見つけることによって、かなり近いルートの話を聞くことが出来ます。

担任助手の先生は質問されることをとても楽しみにしているので、どんどん話しかけてあげてください!

担任助手1年 近藤惇史