逆張りばんざい! | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2022年 1月 1日 逆張りばんざい!

あけましておめでとうございます!!

担任助手1年小野寺です。

今年もどうぞよろしくお願いします!

2022年最初のブログを担当するのが本当に私なんかでいいのか不安ですが、頑張ります!

 

あと2週間で共通テスト本番ということで

準備万端で自信を持って試験に臨もうとしている人、1点でも点数を上げるためより一層集中して勉強に取り組んでいる人、不安や緊張でなかなかこれまで通りの勉強ができていない人

色々な人がいると思います。

そのあとすぐに私立の個別試験が始まり、国立の二次試験までも本当にあっという間ですね。

 

それぞれの試験当日の注意点についてはこれから色々な方が書いてくださると思うので、私が受験生の皆さんに伝えたいことはただ1つ

受験を制するには、あきらめる・妥協する勇気も必要

ということです。

一見マイナスに思えるかもしれませんが、去年受験を経験し、成功も失敗もしてきた中で、私が心から感じたことです。

 

よく受験は

最後まで諦めないこと

が一番大切と言われます。

もちろん諦めないことは大切ですが、去年、実際に様々な入試問題を試験会場で解いて、私は正直

心の底から行きたいと思っている大学の試験問題を前にして、「あきらめる」ことの方が難しいのではないかと思いました。

 

しかし、現実は厳しく、共通テストでも個別試験でも、

あきらめて、妥協して、次の問題に進む

という選択が必要となる場面がどこかで必ず訪れます。

また、これまで過去問を解く中で、すでに

この分野・この大問はあまり力を入れずに、他の部分で点を取ろう!

というような戦略を立ててきた人もいるかもしれません。

 

しかし、入試本番に試験会場の空気に呑まれてしまうと

「この試験が自分の人生を決める」「この問題で合否が決まるかも」「他の人はできているかも」

と今まで感じたことのない焦りを感じて、

あきらめる・妥協するという選択をすることが怖くなってしまいます。

 

あきらめること=逃げること ではありません!

自分の実力を理解して相手を選んで戦うことは何も悪いことではなく、むしろ最も堅実な戦法です!

もちろん皆さんには試験が終わるその瞬間まで、全力で全ての問題に食らいついてほしいと思っていますが、

あきらめるという選択が必要なときには、後ろめたさを感じることなく、堂々と、自信を持って、もはや開き直って、全力で残りの問題に取り組んでほしいと思います!!

 

担任助手1年 小野寺