自分だけじゃなくて | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 11月 27日 自分だけじゃなくて

 

こんにちは( ..)φ

法政大学社会学部1年 田中萌です。

 

あと3日でなんともうですね。

みんなにとっても早いと思いますが、

私自身ももうあれから1年と思うと時の流れのはやさにびっくりします、、

 

今日の私のブログは、受験生のみんなに向けてです!

 

精神的にも切羽詰まってくるこの時期。

思うように成績が伸びている子もいるかもしれません。

しかし、受験期の私はそんなに順調ではありませんでした。

 

過去問の点数は止まったまま一向に上がらない。

防げるミスが防げない。

もうすぐそこまで出てきている単語が思い出せない。

 

などなど、うまくいかない自分にいらいらが募る日々でした。

 

そんなことを思い出しながら、先日本屋さんをふらふらしていたところ、

こんな言葉が目に入りました。

 

「人生でいちばん応援してもらえるのは

 受験生のときかもしれない」

 

これを見たとき、じわーんと、

確かにそうだ。受験期の私は、なんであんなに自分中心でいたんだろう。

そう思いました。

 

できない!解けない!難しい!やめたい!遊びたい!もっと寝たい!やめたい!寝たい!やめたい!

自分で大学受験を決意したということも、

受験できることがどんなに幸せなのかということも分かっていながら

しょっちゅうこんな言葉が頭の中をめぐっていました(笑)

でも、そんなことはただのわがままで、自己中にすぎません。

 

おんなじような気持ちに少しでもなっちゃっている人は、

ちょっと冷静に、自分のことは置いておいて、周りのことを考えてみてください。

 

応援してくれている家族

朝起こしてくれたり、お弁当を作ってくれたり、洗濯してくれていたり、、

”当たり前”の日々を送れているのは、言うまでもなく家族のおかげですよね。

応援してくれている先生

毎日通っている学校で、毎日勉強を教えてくれて、

みんなの勉強の土台をつくってくれているのは言うまでもなく先生ですよね。

応援してくれている友達

まあこれは、応援してくれているというより、一緒に頑張っている感じですかね。

友達との息抜きがなければ、ストレスたまり放題です。

そして、応援してくれている東進の社員さん、担任助手

わたしたちは、日々みんなのことを考えています。

みんながうまくいっている時はうれしいし、反対の時は一緒に悩みます。

本当かよ!って思うかもしれませんが、(私が受験生のときちょっっっとだけ思ってた)

担任助手になってみて、本当にそうなっているので、本当です!

 

みんなの周りには、みんなのことを、

こっんなに応援している人がいる!そう考えたら、

今すぐスタートを切らない理由も、

本気で勉強しない理由も、

諦める理由も、

無駄な時間を過ごす理由も、

隙間時間を活用しない理由も、

全くもってなくないですか?

 

もう一度、自分の周りについて考えてみて

エンジンをかけなおしてほしいです。

残されている時間は同じだよ、最後まで全力でやり切ろう!頑張るぞ!

 

担任助手1年 田中萌