自信家であれ。真摯であれ。 | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 1月 20日 自信家であれ。真摯であれ。

こんにちは!

担任助手3年の伊丹裕一です。

 

遂に共通テストも終わり、いよいよ私大の一般入試、そして国公立の二次試験が始まります。

共通テストの結果も受け、少しの安堵と次の試験への焦りや不安、受験生活のゴールへの期待感、等々色々な気持ちを抱えてこのブログを読んでくれてると想像します。

 

さて、そんな受験生のみんなに伊丹からはこの言葉を贈りたいと思います。

自信家であれ。真摯であれ。

(あまり好みではないけど今回はタイトルでネタバレ済)

謙虚であることと、自信を持つこと、一見矛盾してるのではと思う人もいるかもしれないので、それぞれ解説します。

 

「自信家であれ。」

これはそのままの意味です。

自信を持てということです。

厳しいことを言うようですが、落ちると思って試験を受ける人は落ちます。

ほんとに。

逆に言うと、嘘でも、そうは思えなくても、受かると思って、1か月後、2か月後志望校の合格を勝ち取る受験生として振る舞ってください。

ただ、そうは言っても根拠のない自信は持てない人もいると思います。

そんな時は、「振り返る」ことをオススメします。

共通テストの結果も含め、今何ができていて、何ができていないのか。

できることには自信とプライドを持って次も確実に点を獲る。

そうしたことを少しずつでも見つけていけば、きっと自信を持って試験に臨めるはず。

そもそも、ここまで勉強を頑張ってきたこと自体が実績であり十分に自信を持てることなので、心配せずとも大丈夫!

 

「真摯であれ。」

自信を持つことは非常に重要な一方、自信過剰にはならないよう気を付けるべき。

慢心・驕りは災いのもとです。

前述の通り、振り返ってできることには持つべき。

しかし、できていないことから目を背けていいわけではありません。

自分の実力を把握した上でやるべき対策をやってほしいと思います。

英文法が弱いなら今一度確認をすべきかもしれないし、計算ミスで点を落としているならもう1周問題集をやることも1つの手かもしれません。

受験は最後までひたむきに、そして貪欲に。

長々と書いてきましたが、結局のところ最後はみんなが実力を発揮できるか次第です。

担任助手はみんな、青葉台校のみんなを応援しているし、期待してます!

自信を持って、そして真摯に最後まで戦ってきてください!

頑張れ。

 

明日は大岩先生からのありがたいお言葉です。

右脳寄りの話です。多分。

 

担任助手3年 伊丹裕一

講座診断 入学申込 資料請求 体験授業

 

最新記事一覧

過去の記事