私が担任助手になった理由 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2015年 10月 28日 私が担任助手になった理由

まずは写真の説明から・・・笑
みなさんが大学に合格すると、担当の担任助手とをします!
この写真は当時私が担当していた受験生で、
現在青葉台校で担任助手をしている先生たちとの写真です!!!
左上:近内先生・右上:門倉先生・左下:馬場先生・右下:早見先生
青葉台校に通うみんなは、思わず笑っちゃった?
まだ高校生って感じでちょっとあどけなさが残ってますよね。笑
当時の私の担当は全部で20人いたのですが、その中から青葉台校に4人・別の校舎で1人合計5人も担任助手になりたいと言ってくれて、今頑張ってくれていて
私はとーーーーーーってもうれしいです(@^v^)

てなわけで。

改めまして、みなさんこんにちは。担任助手2年の廣瀬です♫
いよいよ11月に入ってしまいますね!
時が経つのはこんなに早いものかと、毎年驚いています!(・□・;)

受験生のみんなは 過去問を始めて、
自信をつけたり、不安に思ったり……
いろんな感情が生まれてきてモヤモヤする時もありますよね?
わたしもそうでした。
何をやってもうまくいかなくて、
だけど自分はもっとできるという変な自信もあって。
毎日毎日一人で泣いたり、抑えきれなくて
校舎で担任助手に泣きついたこともありました。
そんな時も、いつも心がけていたことは
「明日の自分、春の自分が後悔しないように今日を過ごす」
と言うことです。
名言でもなんでもないけど、自分が意識する軸をひとつ作っておくと
くじけそうになった時もがんばれますよ!

ここからが本題!!!
そんな時期を乗り越え大学生になった私が
担任助手になった理由を今回はお話ししますね(^^)

私が担任助手になりたいと思い始めていたのは受験生時代の9月ごろ。
一番大きな理由は
「人に影響を与えられるような人になりたい」
という理想を持っていたことでした。
もともと、チームやクラスでまとまって何かをすることが好きだった私は
「人の気持ちを動かし巻き込む」ためにはどうしたらいいのか・・・
ということに興味を持っていました。
それもあって大学選びも経営学部でマネジメントを学びたい!
というところから始まったんです☆
自分が生徒として過ごす中で担当の担任助手の方はもちろん、
毎日接してくれる担任助手の方々は私にとって大きな支えでした。
どんなにつらいときも「最近頑張ってるね!」「期待してるよ!」
そんな些細な一言で私を前向きにしてくれる。
「こんなに前向きに心を動かしてくれる担任助手ってすごい」
私がなりたい人間像と、身近で大きな存在である担任助手に
重なる部分が見えました。
自分が担任助手から感じたことを、
今度は私が次の受験生にもっともっと伝えていきたい。
理想に近づける場が、こんなに身近にあるのに活かさないともったいない!
そう思って、担任助手になりたい!と強く決めました。

これまでの担任助手生活を振り返ってみると
もちろん、ただ楽しいことばかりではありません。
悩むこともたくさんあります。
だけど、どんなときも自分の一番近くには慕ってくれる生徒がいて、それだけで今日も頑張ろう!と思えるし、いろんな話を聞いたり
笑顔を見せてくれると、すごく元気になれるんですよね。

ここでもう一度冒頭の写真を見てください。
彼らを含む担当の生徒が笑顔で合格を報告してくれた時、すごくうれしくて
今まで頑張ってきてよかった!!!!!と本当に本当に感じます。
担任助手と言う仕事は“誰かのために一生懸命になれる”とてもやりがいのあるお仕事です。
他のアルバイトでは得られないものをたくさん得ることができます。
私は大学受験を終えて担任助手として働くことを選んでよかったなと思います!
簡単な言葉しか出てきませんが、一言ではまとめられません!笑

長くなりましたが以上、私が担任助手になった理由でした(^O^)
少しでも興味がある人は、ぜひ考えてみてくださいね♫
聞きたいことがあったらいつでも声をかけてくださ〜い!

それではまた。

担任助手2年 廣瀬真央 

体験授業のお申込みはこちら

入学希望の方はこちら

東進のシステムはこちら

自分にぴったりな講座を選びたい方はこちら

東進の授業を体験⇒Web体験授業