私が担任助手になった理由 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2015年 10月 27日 私が担任助手になった理由

どんどん寒くなってますね~、日に日にブランケット依存症になっている気がする馬場です、こんにちは♪
ブランケットいいですよね、もうずっとくるまっていたいです。笑
最近はブランケットにくるまってココアを飲んでる時間が幸せです(*^^)/

さてさて、今日は私が担任助手になった理由をみなさんにお話しようと思います。
聞いたことがない人はもちろん、聞いたことがある人もお付き合いくださいね〜

初めて担任助手に興味をもったのは、高3の夏休み。ちなみに8月模試の1週間前。
なんでこんなに詳しく覚えているのかというと…
その日が初めて東進で泣いた日だったからです。笑

夏休み15時間勉強しろって言われてるけど、全然できてない。
私のやっていることってあってるのかな。
8月模試でいい成績とれなかったらどうしよう。

こんな心境でしたね。 ずーっとそんなこと考えてたら涙がでてきちゃって。
当時、担当だった廣瀬さんに抱えていたことぜーんぶ、ぶちまけました。笑
廣瀬さんは、私が抱えていることを引き出そうとしてくださって、話したら自分の中で整理されて。なんか楽になって。
あー、担任助手ってすごい存在だなってぼんやり思い始めました。 

それで、自分の中で心が決まったのは12月ですね。

12月に何があったかというと…
はい、精神的にやられていました。メンタルよわすぎですね。笑
こっちは8月の時よりも深刻で。
ごめんなさい、実は私、12月は1秒も勉強してません。
というか、勉強できませんでした。(絶対に真似しちゃだめです!) 

あと少しでセンター本番だけど全然力ついてない。
このままじゃ絶対に第一志望校になんて受かれないよ。
そしたらせっかく周りの人が応援してくれてるのに裏切っちゃうじゃん。

もう、The 負のスパイラルでしたね。笑 
勉強するのがこわくなっちゃって、勉強から逃げ続ける毎日。
学校にも東進にも行けなくなっちゃって、家でずっと泣いてました。

この時に話を聞いてくださったのは、私の担任だった和貴さん。
これも鮮明に覚えています、12月模試の直前の日曜日でしたね。
閉館後に、またまた抱えていたことをぜーんぶぶちまけました。笑 
和貴さんもまた、私が抱えていることを話しやすいような空気を作ってくださって。
話し終わったら、前向きな気持ちになれました。

ここまで話すとみなさんお分かりだと思いますが、私が担任助手になった理由はこの2人に大きな影響を受けたからです。

人の心に寄り添って、支えてあげられる。

担任助手ってすごい人たちだなって思いました。
私も誰かの心のよりどころとなれる、そして、支えてあげることができる人になりたい思いました。 

改めて話すと、ちょっとてれちゃいますね。笑
この話をすると必ず、え、そんなに泣いてたの?想像できない、って言われます。
でも、今の私があるのは、紛れもなく担任助手の方々のおかげであって。
本当に感謝しています。

長々と失礼しました。
最後まで読んでくれた人、ありがとうございます(^^)

受験生は本番まであと少しですが、一緒に頑張っていきましょう♪
全力でサポートします!

担任助手1年 馬場由佳 

体験授業のお申込みはこちら

入学希望の方はこちら

東進のシステムはこちら

自分にぴったりな講座を選びたい方はこちら

東進の授業を体験⇒Web体験授業