社会学を選んだきっかけ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2020年 11月 12日 社会学を選んだきっかけ

最近人生で髪を一番短くしました!

(ボブへのこだわりはあるのでギリギリボブです)

法政大学社会学部1年の

井上奈美です!

 

前回のブログは読みましたか?

深澤さんによる熱いお金の話でしたね。

高3生も低学年も、必見です!!

そして!親御さんに

大きい恩返しをできるように頑張りましょう!

 

今回は

フリーテーマということで

私がなぜ、受験で社会学を選んだのかについて、

一番大きいきっかけになったことを紹介したいと思います。

 

ズバリ、それは

生徒会活動 です!

 

私は生徒会長として、

行事準備運営、校則、制服等の変革に携わってきたのですが、

そのときに皆が問題や不満と感じていることはあっても

それに対して行動を起こすことの難しさを何度も感じていました。

特に、校則や制服

いわば時代遅れともとれるものがあり、

みな内心問題意識を抱いていても

我慢してしまうことってありますよね。

なんども学校や生徒に対し問題提起をする際、

悩んだ経験があります。

 

その時、広報に対する重要さを身に染みて感じました。

またその危険さも

 

この経験を通じ

漠然と世の中でも同じことが言えるのでは

と思ったんです。

そこで、行動心理学や報道について興味を持ち始めました。

それで両者が学べるところはどこだろうと探した結果、

社会学系統が見つかったんです!

結果的に将来の夢に繋がっていきました。

 

夢についても書こうか迷ったんですが、

長くなるので、

聞きたい人はぜひ!校舎で!

(語っちゃう気がするので、覚悟はしてください笑笑)

 

以上結構な自分語りをしてしまいました💦

夢や志がない方へ!

身近な出来事から探してみるのも

めちゃくちゃありだと思います!

なりたい人物像を見つけるのもありでしょう!

私のように、意外と、

自分の経験から感じることもあると思います!

一度、立ち止まって考えてみては…?

 

明日のブログは

青葉台校のお母さんこと

田中萌 先生です!

私にとって萌さんは学部の先輩でもあります!

その包容力には感謝しかありません…♡

必見です!!

 

担任助手1年 井上奈美