研究室活動 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2015年 12月 27日 研究室活動

こんにちは!!

外、すっごく寒いですね( 一一)

超絶寒がりの青木です。

そんな私には辛い季節となりました。そして、受験もいよいよという感じになってきましたね。

風邪には充分お気をつけください!

今回は私の大学生活の楽しみの大半である研究室活動についてお話したいと思います☺

前にもお話したことがあるかもしれませんが私の通う東京農業大学は1年次から研究室に入室できるという特徴があります!(普通は3年次らしいです)

みなさんご存知の通り、私には夢があります。

それは厳しい環境下でも育つような野菜を作ること

私の入った学科の研究室はまさにそれを研究しているのです\(^o^)/

研究室名は熱帯園芸学研究室

園芸作物の研究をしています。

農業=実学

これは私は研究室に入り一番感じたことです。

当然、今まで学んできた、生物や数学なども使いますがそれよりも大切なのは農業用語をしっていることであったり農具が使えること

そのため、私は今農業の知識を研究室活動を通し蓄えています!!

実は私も夢は決まっているとはいえ悩んでいることがありまして笑

一生捧げる作物がまだ決まっていません。

野菜か果樹をやりたいというところまでは決まっているのですが具体的にどの作物を研究したいのか決まっていません。

これを決めるのが今の私の課題ですね笑

私の話は一旦おいておいて・・・

その研究室活動の1つ

☆研修旅行in長野☆

についてお話したいと思います!

11月27日~11月28日の1泊2日でした。

はい、突然ですがみなさん

Q,長野で有名な農産物は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A.リンゴです!!

・・・ということで今回はリンゴについての実習でした♪

ちなみに、長野は雪が降ってましたよ~。

東京ではありえないのでびっくりでした笑

ついつい、興奮してしまいました!

そして1日目に向かったのは長野県果樹試験場

ここでは主に生産性の高いリンゴなどの栽培方法の研究や何十年も先の地球温暖化の影響を考えたリンゴの生産量への影響を研究していました。

 2日目は先輩の実家のりんご農園

果樹は剪定という枝をきる作業が大事になっていきます。剪定は非常に難しく、1人前になるまで6年~10年かかります。その剪定方法についてやりんごをより美味しくする育て方について学んできました。

 

他にも、長野県では有名は松本城に行ったりしました。

松本城でのエピソード、大変みなさんに語りたいのでぜひ

「青木先生、研修旅行のブログ見ました!」

と言ってください笑

今回の研修旅行では院生さんを含め、先輩と仲良くなれて参考になる研究の話もしてもらえたので非常に有意義なものになりました!

今は先輩方に果樹の基礎について学んでいるので今度は野菜の基礎について学んで早く自分の一生を捧げる作物をみつけたいと思います(*´ω`*)

大学生活は皆さんが想像するよりも視野がひろがります。

とっても楽しいですよ\(^o^)/

みなさんも勉強を一生懸命がんばり、素敵な大学生活を送って欲しいと思います。

それではみなさん、明るい未来のために今を一生懸命生きましょう!

担任助手1年 青木菜奈

 

体験授業のお申込みはこちら

入学希望の方はこちら

東進のシステムはこちら

自分にぴったりな講座を選びたい方はこちら

東進の授業を体験⇒Web体験授業