田中のラストブログ(長) | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2021年 3月 16日 田中のラストブログ(長)

こんにちは!担任助手3年の田中萌です。

 

最近は暖かくなり、花粉も舞い(怒)、まさに春ですね!

日本の春は、出会いと別れが最も多い季節だと思います。

ということで、私はこのブログが最後になり、青葉台校とお別れします。

 

どれだけの人がこのブログを見ているのか全く分かりませんが、

最後に私の想いをここに残したいと思います!

 

————————————————————————–

みんなは、なぜ受験をするのでしょうか。

そして、なぜ東進に入学したのでしょうか。

 

私にとってのその答えは、

自分自身への選択肢を広げるため

そのための努力が最大化できる場所だから

でした。

 

大学受験は、未来の選択肢を増やす過程だと私は思います。

知識や問題の解法を学ぶことで自分自身の知性の幅を広げ、

困難に立ち向かい、努力を継続することで人間性の幅を広げる。

その結果、いろんな武器が身に付いて、

自分で自分の将来の選択肢を生み出せる。

それが「受験」なのだと思います。

 

多様性の溢れる今の社会で、

自分なりの誇りある選択肢が持てるように、

今みんなは武器を集めている途中です。

1つでも2つでも多くの武器を得るために、

東進で本気で勉強することを通じて毎日を過ごしてほしいです。

 

私はこの校舎に約4年間通い、

自身の試験を含め、多くの受験を経験してきました。

その中で私が感じ、これだけは考えてほしいと思ったことが3つあります。

 

①受験ができることを当たり前だと考えないこと

大学受験ができること、その環境自体が当たり前ではありません。

少し視点を変えてみれば、

同年代でも働かなければいけない人や

満足に学習環境が得られない人、、、様々な境遇の人がいます。

そんな中でみんなは予備校に通い、受けたい学校を受けることができるのです。

勉強すると決めたのは、勉強しているのは、自分です。

決して「やらされる」受験ではなく、「やる」受験をしてください。

 

受験ができることが当たり前ではないことを、改めて考えてください。

きっと、まだまだまだ、頑張れるのではないでしょうか!

 

②目標は高く、自分に自信を持つこと

志望校、模試の目標得点、今週の受講コマ数、、

身近なところから遠いところまで、目標は高く持ってほしいです。

限界を定めず、挑戦し続けてください。

妥協して手の届きそうな目標は、その頂上が見えた途端、

一気に減速します。

一方で高い目標設定は頂上が見えないからこそ、

試行錯誤する過程で徐々に加速していきます。

現状維持ではなく、向上し続けた先に、達成があるはずです。

大学受験の一般入試は、「自分がそのままの自分として評価される

人生で最後の機会ではないかと思います。

内申点や他人からの評価、第一印象や属性は関係ない

自分の努力が結果に結び付けば、志が実現するシステムです。

「努力は報われる」。それをぜひ、体現してください。

東進では、そのためのコンテンツがびっしり揃っています。

せっかく使えるのだから、全てを使い倒してくださいね!!

 

③結果が全てではないこと

とは言ったものの、結果が全てではないことは、心に留めていてほしいです。

それは、良い結果でも、悪い結果でも同じです。

今、人生を懸けて大学受験に取り組んでいるかと思いますが、

大学受験が人生の全てではないからです。

 

大学に進んだ先で、みんなが何をするのか。

何に楽しさを感じて、何に辛いと感じるのか。

その数や幅が大切だと思います。

私にとってのそれは、担任助手でした。

自分より「よい」大学に行っている人は数えきれないほどいます。

でも、そこで遊び呆けていた人より、

ここで中身のある時間を過ごした自信があります。

楽しいことだけに飛びつくのではなく、

苦しさや悔しさを感じながら自分の経験を昇華できたからです。

 

受験が終わったら、その結果とこれまでの努力への誇りをもって、

価値ある時間をめいっぱい大学で過ごしてください!

————————————————————

 

全て当たり前のことかもしれません。

でも、これらは結構忘れやすいことです。

当たり前のことを当たり前に考えられる人になってほしいと思っています。

 

うん。長いよってね。

ここまで読んでくれた人は何人なのでしょうか、、(‘ω’)

飛ばしてもらっても構いません!(笑)

(次が最後だからふぁいと!!!)

 

最後に、ここで出会ったすべての人へ感謝を!

 

青葉台校のみんな

ひたむきに勉強を頑張るみんなを日常的に感じ、

いつも刺激を貰っていました。

みんなが頑張っていたから、担任助手を継続して頑張って来れました。

大学の勉強も頑張れました。

娯楽に誘惑されても、耐えられました。

毎年毎年、青葉台校の生徒は頑張り屋さんばかりです。

困った時や褒めてもらいたい時、

どんな時も担任助手を頼ってください。

頼ってもらえるとすごくうれしいものです(笑)

 

担当生徒のみんな

みんなが私を頼ってくれた時、悩みを打ち明けてくれた時、

一緒に立てた目標を実行してくれた時、

大学進学の報告をしてくれた時、

感謝してくれた時、

本当に本当に、うれしかったです。

みんなのために全部頑張ろうと思ったし、さらに成長したいと思えました。

担当でいさせてくれて、本当にありがとう!

 

みんなが青葉台の地で最大限に努力し、

笑って校舎を卒業できることを心から祈っています。

そして、みんなの未来をずっと応援しています!

 

担任助手3年 田中萌

 

 

 

 

過去の記事