生活リズムがベースを作る。 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 5月 3日 生活リズムがベースを作る。

皆さん、こんにちは!

本日のブログは、東京工業大学の3年生になりました、山田瑞貴でございます!


今年のキャンパスの桜です。季節外れだけど…

正直なところ、GW中ほとんど予定がなくて、時間を持て余しています笑
とは言いつつ、レポートやら、勉強などさすがにやろうと思ったら、やらなくてはならないことが多く、頭がパンクしそうでございます。笑

さてさて、なんだかんだでGWも中盤に入りましたね。
もう少しで、GWも終わってしまいます。

そこでなんですが、1つ皆さんに自分自身に問いてほしいことがあります。
それは、

GWを受験生活の中で、有意義なものにできているか?

ということです。
なぜこのようなことを考えてほしいかを、今回は2つの視点から伝えていきたいなと思います。

まず1つ目に、祝日の過ごし方という視点から考えましょう!

普段学校があるが、祝日には、学校はないですよね?
学校があるときは、嫌でも起きなくてはいけないし、前日も早く寝ないといけない。

でも、次の日が祝日だと少し油断しちゃいますよね?

そうすると、そこから、生活リズムが崩れ始めます。
いつもより、多くの睡眠時間をとると、普段寝ている時間に寝れなくなります。
すると、結局寝る時間が遅くなり、次の日に寝不足になる。
寝不足になると、学校でも昼間に寝てしまい、結局その日の夜も寝れなくなる。
結果として、生活リズムが崩れてしまうのです。

そう!つまり、1日、たった1日で生活リズムが変わる可能性があるのです。
これが、伝えたいこと①です!

だからこそ、生活リズムをしっかりと守り、続けていくことで、質の高い学習ができ、成績が伸びるようになるのです!

ちなみに、わたくし、山田は受験時代⇩
24時半に寝て、6時半に起きるという生活をずっと続けていました!
ご参考までに!

そして₂つ目に行きましょう!
2つ目はGWの立ち位置とは?という視点から考えていきたいと思います。

はじめに、GWって言ったら何をイメージするかと言ったら、”休み”ですよね!
学校も休み、社会的にも休日、世間は、旅行ムード、ですよね!?

さて、そんなイメージの時期が、1年の中で、あと3回あります!

春休み 夏休み 冬休み

の3回です。

そうです!
長期休みです!
GWは長期休みの超ミニマム版なんです!

これこそが、伝えたいこと②です!

だからこそ、GWという休みを使って、1日という長時間を勉強することになれましょう!
そのために、やってほしいことが一つ!

開館登校

休みなんだから、ゴロゴロしたいですよね?
休みなんだから、ゆっくりしていたいですよね?
休みなんだから、朝が少しくらい遅くしたいですよね?

でも、考えてみてください!
他人と一緒でいいのか?
それで、他の受験生と差をつけられるのか?
本当にその生活で、合格を勝ち取れるのか?

休みだからこそ、いつも通り、いや、いつも以上に健全な生活をしましょう!

東進生の中には、部活の午後練の前に、東進で勉強している生徒もいます。
東進生の中には、体育祭の準備が始まる前に、東進で勉強している生徒もいます。

そんな生徒達は、予定が終わり次第、また校舎に戻ってきます。(ほんとうにすごい!)

そうやって、勉強している人がいるのに、それで、本当にいいのだろうか?
考えてみてください。

それだと、やばいですよね!?
今それをできない人に、これからそれをできるということはありえないです!

GWもあと2日です!
開館登校を1度でいいから、頑張ってやってみましょう!

 

以上、二つの視点から、GWの生活を考えてみました!

今日のブログは、東京工業大学3年の山田瑞貴がお伝えしました!
明日も読んでね!ばいばい!