準備期間にどれだけ頑張れるか | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2021年 12月 30日 準備期間にどれだけ頑張れるか

こんにちは~

担任助手2年の井上奈美です。

今回のテーマは

「2021年の振り返りと2022年の意気込み」

というなんとも年末らしいブログですね💦

昨日の大原先生のブログは読みましたか?

 

ずばり私の2021年を一言で言うと、

「分析と選択」の年でした。

大学の選考や過程を決めたこと

自分を分析して、改善点を見つける

チャンスを見極めたり、選んだりする

そんな機会がとっても多かった1年でした。

 

実際大学2年生って間の学年で、

1年の入学、3年後期からの就活などを考えると、

準備期間だけど、どれだけ動けるかで自分の選択肢が変わる年と言えると思います。

(そう考えると、同日を控える新高3生や新高2生と状況は一緒かも)

また、個人的にも20歳になり、

自己責任という言葉がつくようになりました。

コロナ渦の中でより一層、

感染状況を見極めたり、

責任のある行動が求められた世の中でもありましたね。

 

来年は「行動と実績の年」にしたいと思います!

今の高3生のように、(どこか見習いながらも)

2年時の結果から

目標を持って、それにしっかり実績を出していけたらと思います!

正直、2年時の結果がわかるのは3年生になってからだと思います。

受験と同じで、

準備期間にどれだけ頑張れるかわかるのは直前や結果が見えてからだと思うし、

新学年のスタート位置にもよってくると思います。

 

新高3・2・1年生の皆さん。

同日までという準備期間に

どれだけ頑張れるかでスタートラインが変わるという話を何回もしてきました。

私と一緒に残り少ない時間を頑張ってくれたら嬉しいです!

 

高3生のみなさん。

今までの自分を信じることを忘れずに、

本番準備をしっかり怠らないで頑張って欲しいです

確かにこれから自分の成果や過程を否定されるかもしれないけれど、

私たちは頑張ってきたことを知っているので、

自分を否定せず、一緒に改善(=行動)していきましょう!

 

次回からは、いよいよ

共通テスト・二次私大本番に向けた、私たち担任助手からのメッセージです。

高3生は、本番が刻一刻と迫っていますが、

私たちのメッセージを見て、ぜひ最後まで頑張って欲しいし、

どこか安心できる場所になったらと思います!!

トップバッターは

小野寺先生!必見ですね!

 

担任助手2年 井上奈美

講座診断 入学申込 資料請求 体験授業