模試活用法 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 5月 23日 模試活用法

こんにちは!  青葉台に住み始めて、はや18年の松本です。

 

高3になったひとは、年間予定表を眺めてあまりの模試の多さにビビっている頃ではないでしょうか。

ところで、今までに受け終わった模試ってどうなってます?

捨てるのは忍びないけど復習する時間もないから部屋の片隅に山積み・・・なんてこと、してませんか?

今回は、僕が受験生時代に培った模試活用法をご紹介します!!

その名も「情報の一元化」(かっこいい。。。)

 

まずは数学

この科目はやっぱり解き直しに限ります、が

①間違えた問題を問題冊子から切り取って、

②B5ノートの上の方に貼り付け、

③その下に解答を記す

というやり方がオススメです!

 

 

↑こんな感じ

 

次に地歴

これは何と言っても知識量がモノを言う科目なので、模試に出題された知識で知らなかったものを、

自分が最もよく目を通す媒体(教科書とかまとめノートとか)に書き込みましょう!

 

最後に古典

これも模試に出た漢文の句型、古文の文法、古文単語、古典常識などで復習が足りていなかったところをミニノートにまとめましょう!

 

↑こんな感じ

 

ちなみにこれらの間違いノート、

受験直前期に最良の精神安定剤になりますよ!!!

僕も何度助けられたことか・・・

 

 

こうしてエッセンスを抜き取った問題冊子は、自分の志望校に特化したものでない限り、捨ててしまっても構わないと思います。

だってどうせ見直さないでしょう??笑

 

そ の か わ り

間違いノートは何度も読み返しましょう!!←ここ大事

 

月並みですが、模試は受けたあとが肝心

どんどん活用して、模試を乗り越えるたび少しずつ成長していこう!

 

明日のブログは望月先生です☆

明日のブログもお楽しみに!

東京大学教養学部 担任助手一年 松本亮