極意はこの4つ! | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 11月 28日 極意はこの4つ!

こんにちは!担任助手2年の塚田優羽です!

昨日の大網先生のブログは読みましたか?担任助手3年目ということで、ご自身も含めると4回目の受験を経験される大網先生!どんなアドバイスをくれるのか必見です!

 

今回のテーマは「受験本番の注意点」です。まだまだと思った高1、2生の皆さんも、定期テストや模試などで参考になるはずです!

 

私が受験本番において注意してほしいことは、

「やった分だけ問題は解ける、それ以上はない!」

ということです。

よく巷では「入試本番で奇跡が起きて、、」とか、「ミラクルでした」など

本番で実力以上の力が出せた話を聞くことがあります。

しかしこのような事例はとっても稀で、もう確率はだと思ってください。

 

本番は、とにかく緊張するし新しい環境で気温も低く、普通に考えたら実力以上の力が出せる

可能性は極めて低いです。

皆さんが本番まで頑張った、その分まで力が出せたら大大成功で、それ以下になってしまうことの方が

正直多いです。

こんなことを言うと、もう自信がない、受かる気がしない、、という人もいると思います。

 

そこで、「本番で実力を出し切るための私流極意4選」伝えておきます!

 

極意① 試験会場に大きく余裕を持って到着する!

 皆さんの多くは大学で受験をすると思いますが、机の高さや気温、お手洗いの場所や数などは

大学によって様々です。その環境に慣れるためには、早いうちに会場に着いて体を慣らすことが大切です。

実際に私も早稲田大学の受験で、古い建物での受験は暖房の効きが悪く、急遽カイロを全身に貼りまくった記憶があります、、(笑)

 

極意② 普段から本番のときに使う筆記用具で勉強する!

 筆記用具は皆さんが答案という大学へのラブレターを書くために大切な道具です。

鉛筆を使う人もシャーペンを使う人も、普段と同じものを本番に使うことは、お守り代わりにもなりますよ!

 

極意③ 毎日の勉強でとことんタイマーを使う!!

 時間を制限することは、勉強においてとても大切です。じっくり時間を気にせず問題を解くことも大事ですが、

いつもゆっくり解いているとその癖がついてしまいます。

教科関係なく、単元ジャンルや大問別一つでも、タイマーを使って自分に厳しく解きましょう!

無音のタイマーおすすめです!

 

極意④ 試験開始の合図のあと、落ち着いて10秒間問題冊子に目を通す!!

 試験開始の合図のあと、すぐにシャーペンをカタカタ動かす人、いますよね!(笑)

私の偏見を含まれますが、このように最初から焦っている人に頭が良い人は少ないです、、、()

どこまで落ち着いて、普段の勉強成果を引き出しから探し出せるかが勝負です。

一旦深呼吸をして問題を10秒眺めても、まったくロスにはなりません。

問題の雰囲気が一通りつかめるだけで、頭が一旦整理できます。

ぜひやってみてください!

 

今まで極意を4つ紹介してきましたが、もっとも大事で伝えたいことは

「入試本番ぎりぎりまで学力は伸びる」ということです。

最後まであきらめないでこれを信じた人が、入試本番で力を発揮できます。

 

寒くなってきましたが、体調に気を付けて一緒に最後までがんばろう!

 

明日のブログは井上先生です!大網先生と同じく受験4回目の井上先生は

どんなことを教えてくれるのでしょうか、、?必読です!

 

担任助手2年 塚田優羽

 

講座 診断 入学 申込  資料請求 体験授 業