木賀から受験生のみんなへ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 1月 5日 木賀から受験生のみんなへ

木賀が最後に受験生のみんなに送りたい言葉はこれです。

これは木賀が受験直前も、試験当日も、

何度も何度も自分に言い続けてきた言葉です。

 

受験まであと1ヶ月、頑張れるか頑張れないかは、本当にみんな次第。

けど、たった数年だけ先に受験を経験した身として、これだけは言えます。

このあと1ヶ月頑張れるか、頑張れないかが、

この先の自分の生き方を決める。

どんな状況でも、試験終了の合図が鳴るまでできることはきっとあります。

どうしても諦めなければいけなくなるまで、

どうか諦めないでほしいです。

 

木賀は受験生の時、センター試験を大失敗しました。

直前の模試などの結果から判断して出願した、

取れる予定だったセンター利用は一つも取れませんでした。

 

第一志望校で受けた大学は受験日が早い方で、

まだ受験大学が残っているのに合格発表が出るところでした。

まだ受験は残っているのに、

第一志望校で受けた3学部は全て補欠でした。

一つも合格がもらえないまま、全ての受験校を闘いました。

 

正直、途中で諦めたくなりました。投げ出したくもなりました。

 

それでも自分は

まだ、負けたわけじゃない

まだ、終わってない

まだ、できることはある

と自分を奮い立たせていました。

 

結果的には第一志望校は合格できませんでしたが、

最後まで諦めずに受験し続けて

今通っている大学の合格をもらえました。

諦めていたらどこの大学にもいけなかったと思います。

諦めないでよかったと思っています。

 

「諦めない 」って

 ありきたりというか、よくいうことばだけれど、

それを本当にできる人は少ないかもしれません。

けど、だからこそ「諦めない」ことは価値のあることだと思うんです。

 

どうか青葉台校のみなさんには

最後まで諦めないでほしいです。

 

良いときも、悪いときも、

最後の最後まで青葉台校一同はみんなの味方です。

最後の最後まで、一緒に頑張ろう!

 

立教大学 経済学部 3年 木賀光輔

 

過去の記事