朝登校しませんか?? | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2019年 7月 4日 朝登校しませんか??

こんにちは、担任助手2年の田中萌です。

 

昨日のブログは深澤先生でしたね!

お昼寝を意味するnapという英単語でうまいこと言ってました(^ω^)

まだ読んでない人はぜひ見てみてね!

 

今回の私のテーマは、「朝登校してからのスケジュール」です。

みんなが朝登校できる土日や夏休みをイメージして読んでください!

 

まず、朝登校ってなんだ?ってとこから考えてみてください。

 

意味としてはそのまま、「朝から、校舎に来ること」ですね。

でも人によって朝と昼の境界線って違いますよね。

起きて13時過ぎてても朝だと言い張る人もいます。(13時は絶対昼)

なので東進でいう朝登校はずばり、「開館と同時に来る!」です。

 

実際私は朝登校をすごく意識して受験生活を送っていました。

朝登校したら、まず自分で決めたルーティンを行います。

 

✔単語王3Unit

✔古文単語(動詞、形容詞、形容動詞どれかのひとかたまり)

✔大問別演習もりもり

 

一例ですがこの3つは、朝登校してすぐに必ず行っていました。

 

だんだん2次試験対策ばかり心配になって、過去問や2次レベルの勉強をしたくなってしまう人もいると思います。

めちゃめちゃわかる!!!!!私もそうだったので。

でも、何をするにしろ、その土台になるのは紛れもなく基礎基本です。

自分がもうできてると思ってても、人間だからぽつぽつ忘れちゃいます。

なので基本事項に常に触れられるように、朝登校のルーティンとして行っていました。

毎日やることはいつかの自分のために絶対なる!!!

私はこのルーティンのおかげで単語でつまずくことはほぼなかったし、センターレベルの日本史も特に困りませんでした。

 

って、ルーティンの話になっちゃったので最後に私なりの朝やることのメリットをお話します。

①朝型になれる(入試は嫌でも朝から始まるから、朝戦えないと本当に危険だよ!)

②単純に勉強量が増える→できることが増える(朝来れない人に差をつけろ!)

③閉館まで頑張ればYesterday’s heroに載れる(うれしい)

 

もちろん、校舎が開く前からお家や外で頑張れている人はそのまま努力量を積んでほしいです。

でも、朝登校を寝坊とか、心のどこかから出てくる謎の余裕でできていない人は、

もう一度自分を見つめなおしてほしい!!

その寝てる時間や、謎の余裕からテレビを見ている時間、その数分数時間でライバルはめきめき頑張っているし

みんなが思う以上に大学受験って厳しい戦いです。

今の生活にまだ頑張れる時間がないか、考えてみてください。

 

7月にも入ったことだし、朝登校も意識して、今まで以上に頑張ろう!!!

 

担任助手2年 田中萌

 

〜夏期招待講習について〜

 

今なら4講座無料!!

現役大学生に受験のことをいろいろ相談もできる!!

高校3年間なんてあっという間。

夏休みは3回しかない。

けど、高3の夏はみんな勉強すると思う。

じゃあ、高1、高2の夏は?

本気で第一志望に合格したい人、

大学受験について詳しく知りたい人、

東進に興味がある人、

周りに差をつけるならこの夏、

ちょっとだけ無茶しませんか。

あとで絶対、「やってよかったあ。」

そう思える夏にして見せます!

青葉台校と一緒に頑張ろう!

↓詳しくはこちらをクリック↓


 



 

最新記事一覧

過去の記事