最近暑くて倒れそうです | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 5月 24日 最近暑くて倒れそうです

こんにちは

担任助手3年の大網です

 

あついですね

まだ5月ですよ地球さん

夏が来るたびに

俺の将来の夢は地球にエアコンをつけること!

なんて意気込んだりしています

 

はてさて

今回のテーマが

「この1年で成し遂げたいこと」

ですので理系大学3年生の大網さんは何を思っているのか

だらだら書いていきます

ひとつ、よしなに

※内容めちゃめちゃに理系です。

 

一般に理系大学3年生が考えていることと言えば

・研究室をきめなきゃぁ

・就活考えなきゃぁ

の2択だと思います

まぁ私も絶賛後者で悩んでいるわけですけれども

でもこんなこと言うと

理系は皆大学院まで行くんじゃないの?とか

研究室って最初から決めてるもんんじゃないの?という人がいます

 

……うん間違ってない

私も受験校選びに研究室を調べるように言うことも多々あるし

院に行った方がより専門的な研究ができる

 

 

でも人って不思議なものでね

上のような思いをもって入学しても

色々な原因から迷う人が多いんです

 

大学の勉強は高校生の受験勉強よりはるかに難易度が高いです

さらには専門的な内容になってきます

例えば物理という科目でも

質点力学、量子力学、流体力学、機械力学、電磁気、光、剛体…

非常に多くのテーマの中から1つもしくは複数のテーマを深く扱います

こうして専門的なテーマを扱えば

あれ、俺の興味のある分野って本当にこれなのか?

実は物理より化学の方が好きだったんじゃないか?

といった疑問が無限に生まれます

 

さらには自分の時間というのも増えます

バイトをしたりサークルをしたり

そういった中で様々な事柄に触れ、様々な人と触れ合います

大学生で関わるものの量広さは高校生の比ではないです

マジで

 

多様な新しいテーマに触れると要は自分が知らなかった

けどこれ自分好きだなってテーマに凄い出会います

そのテーマが大学の勉強とズレていると

大学院に行く意味ってなんなんだ?

という疑問も生まれてきます

 

ここまで本当にダラダラ書いてきましたのでまとめます

大学生になれば今とは想像もつかないくらい多くの物事と出会います

その中で今皆が持ってる志が変わる可能性は十分あります

かといって今志を考える必要がないのかと言われたらそんなことはないです

強い意志を持って大学に入学した人とそうでない人では

大学生活の充実さは圧倒的に違うからです

(この話はまた別日にでも)

 

ではやっとここで本題にもどります

私の今年の目標は

「変わる志の変化に柔軟に対応する」

これは自分の話でもありますが

自分と関わる人も対象です

自分の気持ちが変わるならその自分を受け入れる

他の人が変わりかけているのならそれをサポートする

 

大学3年生にもなってその程度のことしか思えないのか

と言われてしまったら泣きます

 

こんな拙い人間ですが

今年も1年どうぞよろしくお願い致します

 

担任助手3年 大網

 

 

 

講座診断 入学申込 資料請求 体験授業

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事