最後のチャンス | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 3月 5日 最後のチャンス

こんにちは!

早稲田大学文化構想学部2年の小野詩織です!

今日は春の嵐でしたね…

家を出て2秒でセットした髪をぐっちゃぐちゃにされ、ちょっと歩いたら傘がぶっ壊れ、

嵐は嫌いだと心から思いました。

 

突然ですが!私は生徒のみんなから優等生タイプ?もともと勉強のできる人だと思われることが多いです(笑)

なんでだろう?雰囲気?スーツを着ているからできる人感があるのかな…

 

実は、まったくそんなことはありません!!!!!!

むしろ優等生とか思われるのが好きではないタイプです!(笑)

 

ここでちょっと小野の昔話をさせてください。

中学生のころは川和高校に行きたくて、頑張ってコツコツ勉強していました。

無事合格!というところまではよかったのですが、それ以来いっさい勉強をやめてしまって。

気付けばいわゆるバカキャラ?になっていて、私がシャーペンを持っているのを見ると

「(珍しすぎて)今日どうしたの!!?笑笑」と言われるレベルでした。

(これ普通にひどいよね。)

気付けば成績低落、学校の授業もよく分からなくなり、

焦って高2の4月に東進ハイスクール青葉台校に入りました。

 

しかし2年生は部活の最高学年。(吹奏楽部でした~)

学生指揮者という役職にもなって、勉強どころではないくらい忙しくなってしまいました。

当然東進の受講などもギリギリ進めていたまま、迎えた同日模試

 

英語の点数がびっくりするくらい伸びていませんでした。

(夜中に家で自己採点をして悔しくて泣いてしまいました笑)

 

 

『今頑張らないと、わたし早稲田なんて絶対無理だ…

そこから、自分の中で考え方が変わりました。

時間がないのなら、1つ1つの勉強を頑張ろう!

・受講の復習は丁寧にやる

(学校の授業中に文法Ⅳのテキストとずっと睨めっこしていました)

・マスターは行きと帰りに絶対やる

・時間が少しでもあるのなら東進に来る

これらを意識して1~3月を過ごしました。

 

部活を引退して迎えた4月模試。

英語は144点まで伸ばすことができました!!!

そこからもぐんぐん伸びて、英語は最終的に得意科目になりました。

英語が得意になる⇒日本史や国語に時間をたくさん使える

という感じで、第一志望であった大学学部に合格しました。

 

この高2の1~3月を「下積み時代」と名付けているのですが、

この下積み時代がなければ、私は多分今の大学には受かっていなかったと思います。

この時期に頑張れるかどうかは、みんなの合否に大きく関わってくるんです。

でもこれは受験が終わってから気付けること。

みんなの中に、「今過ごしている1日1日が自分の合否に関わっている」と心から思えている人はなかなかいないと思います。

 

最近疲れて受講の途中で寝ることが増えたなあ…

マスターやらなくてもいいや!って思って寝ちゃう…

確認テストはその場しのぎの復習で終えちゃう…

 

こういう人(特に部活生ね!)たっくさんいると思います!気持ちもめちゃくちゃ分かります。

でも、その間に同じ志望校を目指しているどこかの誰かさんは一生懸命勉強しているんだよ。

 

頑張れる環境がみんなにはあります。

応援してくれる担任助手がいます。

あとはみんなの気持ちだけ。

一緒に頑張ろう!!

頑張りたいと思ってくれた人たちを私たちは全力で支えます。

今が最後のチャンスだよ。

 

 

長いブログを読んでくれてありがとうございましたm(..)m

担任助手2年 小野詩織

 

 

****************

まだ東進に通ってないキミ!

現在、東進ハイスクール青葉台校では新年度特別招待講習のお申し込みを受け付けております!

成績で困っている人、周りが塾に通い始めて焦っている人、この春成長したい人…などなど、スタッフ一同、皆さんのお申し込みをお待ちしております!

お申し込みは下の画像をクリック!

****************