日本史の鬼のつぶやき | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2015年 12月 4日 日本史の鬼のつぶやき

皆さんこんにちは!

いよいよ12月、早くも立教はの準備を始めました。
大きなヒマラヤスギの木は、冬になると大きなクリスマスツリーに大変身です!
校舎もレンガ造りなので、夜になるととってもおしゃれな雰囲気になりますよ♪

どうですか?きれいですよね!
来年の冬はぜひ立教へ?笑
お待ちしております!

さて、今日は寒い冬にうってつけの暑いイベント
地歴千題テスト

を紹介します!

普段から日本史日本史うるさいので、また日本史かよと思うかもしれませんが笑
でもうるさい分、ちゃんと結果出してますよ!
生徒時代は地歴千題テスト校舎2位です!
日本史なら一位です!
(校舎1位じゃなくてめっちゃ悔しかったのは内緒です)
そんな近内が千題テストをおすすめする理由を、
こーっそりつぶやくので聞き逃さないようにね!

①曖昧な知識じゃ戦えない

普段センター試験の問題ばかり解いていたり、第一志望がオールマークの人、要注意。
ちゃんと人名や事件名をフルネーム・正式名称で言えますか?書けますか?
勝手にあだ名とかつけて覚えてませんか?
僕は江戸時代の老中阿部正弘をあべちゃんって呼んでたので記述の時焦りました…
(阿部正弘がわからない人は今すぐこっそりチェック!)

記述式の学校では特に、正確な知識が求められます。
阿部なのか安倍なのかや、伊藤なのか伊東なのか等、日本史は漢字も大切です。
千題テストはまさにそんな自分の弱点を見つけるチャンス‼

 

②ほんとに弱点分かってますか?

地歴科目の場合、繰り返し何度も同じものを勉強することになるでしょう。
でも、初めの時代から始めて最後のページにたどり着いた時にはもう始めを忘れている…
なーんて話をよく聞きます。うむ、まだまだ定着してない証拠ですね。

なかには、「いやいや、もう全時代大丈夫ですよ~」
という人もいるかもしれません。
でも、油断大敵どこから足を掬われるかわかりません。
(※足元を掬うは実は誤用で、足を掬うが本来の用法です!豆知識!)

千題テストは全時代を1日で復習するチャンス‼
自分の気づかなかった弱点を見つけてください♪

千題テストまでいよいよ1週間。
当日は担任助手の先生たちも問題を解くかも⁉
皆で頑張りましょう‼

担任助手1年 近内健太

体験授業のお申込みはこちら

入学希望の方はこちら

東進のシステムはこちら

自分にぴったりな講座を選びたい方はこちら

東進の授業を体験⇒Web体験授業

過去の記事