拝啓 一年前の私へ  | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2020年 9月 27日 拝啓 一年前の私へ 

こんにちは。高3、9月の藤原泰志へ。

おげんきですか? 多分元気だったと思います。

文化祭は楽しみですか? 文化祭は楽しかったので是非行ってください。

今あなたは第1志望に向けて必死に勉強をしていますね。

結論から言うとあなたは第1志望の大学には受からないです。ちなみに第2志望にも落ちます。第3志望にも落ちます。

第4志望には受かるよ。よかったね!!!!

とにかく僕が言いたいことは、受験は自分が思っているほど甘くないということです。

あなたは変わらないといけない。変化を迫られているのです

まず過去問に取り組むその姿勢。良くないです

あなたは本番を意識した過去問演習が全くできていない。これは良くない!

あなたはセンター本番、現場の緊張感に飲み込まれて大爆死しますよ。

過去問演習ではあんなに出来ていたのに、、もったいない。

もっと普段の過去問演習から本番を意識するべきだ。例えば過去問演習会にもっと参加してり、過去問1年1年をもっと丁寧に、本番だと思って解いたりetc

次に良くなかったことは苦手科目から全力で逃げていたこと。これは本当に良くなかった。

確かにあなたは英語が特別出来ていた。そして英語で出来ない科目をカバーして合格しようとしていた。

戦略としては間違っていない。けどこれは苦手科目を勉強しなくていい理由にはならない。

結局英語だけではカバーしきれづに君は数多くの大学に落ちる。とても悲しいことだ

少なくとも「苦手」から「普通」にする努力をするべきだった。しかし君は怠った。

点数がいい科目、自分が得意な科目だけに目を向けて、自分の苦手から逃げ続けた。

君は愚かな人間だ。そんな君には不合格の3文字しか待ち受けていない

もっと君には言いたいことはあるけれどか今回はこれくらいにしておく。

それでは勉強頑張って。1年後の僕より

担任助手1年藤原泰志