担任助手紹介 佐藤圭一郎 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 4月 21日 担任助手紹介 佐藤圭一郎

こんばんは!

慶應義塾大学経済学部3年佐藤圭一郎です。

 

 

今回は自己紹介ということで、簡単に自分について話すと、

経歴は、

青葉台中→湘南高校→慶應義塾大学という感じで、

部活は高校から大学の体育会にかけて、ハンドボールをやっています!

 

週に6回練習があるので、みんなと同じ部活生です!

ちなみに今シーズンは、

一部昇格とインカレ出場に向けて、開幕2連勝と好発進し、

5月末まで毎週リーグ戦を戦っています!!

大学も3年となり、4年の先輩と戦えるのもあと少し

更に来年は就職活動もあるため、

しんどい練習も楽しみながら、

毎日楽しくハンドボールして過ごしてるって感じですね。

 

部活とゼミの活動も始まり、

昨年よりは東進にいられる時間も限られてしまいますが、

2年間の経験を活かしながら、

責任もって指導していくので、

僕の担任助手生活最後の年、

何卒よろしくお願いします!

 

 

最後に、僕の自己紹介だけでは何か締まらないので、

みなさんに今日も伝えたいことを1つ書いて終わろうと思います。

それは、

「目標をもって生きる」

ということです。

漠然と「頑張ろう…」「やらなきゃ…」ということをどんなに考えても、

思った通りにいかないことの方が多くないですか?

人間は、何か苦労するには動機やきっかけが必要な生き物です。

「○○講目まで頑張る」「○○を完修させる」

など、必ず目標をもって生きるようにしましょう。

その積み重ねが、きっとみんなを高いゴールに導きます。

 

そして、その目標はできる限り高いものに設定しましょう。

みなさんは野球の「千本ノック」って聞いたことありますか?

あれは、根性を鍛えるためだけにやるのではないそうです。

体力が限界になるまで追い込んで、そこで球を取ろうとする動きが、

最小限の力で守ることに繋がり、

自然と無駄を省く動きを手に入れられるそうです。

 

勉強もおなじです。

ギリギリまでハードな目標に取り組むことで、

効率を求めます。無駄な時間を省きます。

「どうしたら短時間で覚えられるか」「どうしたら次忘れないか」

本気で取り組んだ人は工夫します。

それこそが、勉強で得られる知識以外のものです。

これは社会に出ても、もちろん大学でも、

かなり役立つものです。

これができれば、

時間×効率」の伴った勉強ができるようになって、

必ず受験も有利になります。

だからこそ、毎日毎週毎月、

目標をもって生きるようにしましょう!

 

以上です。

今年も一緒に頑張ろう!!

 

 

担任助手3年 佐藤圭一郎