志のかけらもなかった高校生が、大学生になって志のかけらを見つられた理由 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2021年 6月 3日 志のかけらもなかった高校生が、大学生になって志のかけらを見つられた理由

志を見つけられてない人へ

おそらく、志が見つからない理由は2つ。

1つは、自分を知らないこと。

もう1つは、社会を知らないこと。

 

担任助手4年の大岩優斗です。

今日のブログは、タイトルにもあるように、

志のかけらもなかった私が、

大学生になって志のかけらを見つけられた理由

について書きたいと思います。

 

(1)「計画的偶発性理論」との出会い

この理論は、

個人のキャリアの80%は予想外の偶発的出来事で決まる、

そしてその偶発的出来事を計画的に導くことで、

キャリア形成が出来るという考え方である。

 

思い返せば、

サッカーを始めたのも、

通っていた幼稚園にたまたまサッカークラブがあったから。

小学校でクラブチームに入ったのも、

たまたま参加したセレクションに合格したから。

中学受験に受かったのもたまたまです。

部活で主将になったのも、監督をしたのも、

全く予想外の出来事でした。

 

全てサッカーを通じてではあるけれど、

ただその瞬間を楽しんで一生懸命に過ごしていたら、

いろんな体験をしていました。

私みたいな人はいっぱいいると思います。

仲間と一緒に目標に向かって部活に励んできた人、

コンクール入賞を目指して芸術を極めようとした人、

帰宅部だったけど放課後人一倍遊んできた人、

みんなこれから志を見つけていく人たちだと思うので、

志が見つかりやすい姿勢を5つ教えちゃいます!

 

(2)志が見つかる5つの姿勢

①好奇心

自分の身の回りで起こっている出来事に対して、

興味を持ち続けることが、偶発性を引き起こします!

②持続性

1つ決めたことは結果が出るまで継続してみよう。

挫折の分だけ、伸び代あるぞ!

③楽観性

どんな状況でもポジティブに捉えよう。

ポジティブは周りに伝染するし、いい事しかないと思ってる。

④柔軟性

アドバイスを受け入れたり、変化に対応していこう。

謙虚かつ素直な姿勢が成長のかぎ!

⑤冒険心

チャンスはとことんチャレンジしよう。

現状維持は衰退の始まり!

 

この5つを頭の片隅に置いといて欲しい!

これだけで、めっちゃ面白い人生になる!

あとは、自分と社会について良く知ることが大事なんだけど、

この話は長くなるので興味がある人は受付でお話しましょう笑

 

担任助手4年 大岩優斗