心配性なあなたへ | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

2021年 7月 28日 心配性なあなたへ

こんにちはー

つい最近20歳を迎えました

井上奈美です!

昨日の塚田先生のブログは読みましたか?

彼女は生徒のとき、過去問や大門別の印刷をかなりしていた印象があります。

そんな彼女は何を伝えたのか、必見です。

本日は受験生に役立つプチ情報ということで

私は復習時間について、

お話ししたいと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その前に、あなたは心配性ですか?

私は今は改善できた部分があると思いますが

受験生の時は担任に言われるくらい、極度の心配性でした。

心配性とは(辞書引用)こまごましたことまで気にかけて心配する性格。また、そのような性質の人。

まあつまりは

・忘れ物してないかめちゃくちゃ確認する人

・完璧主義に近い人

・ミスを引きずってしまう人(ネガティブな人)

とも言えるのではないでしょうか。

(自分がそうじゃないかと思った人はググって診断してみるのもおすすめです!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

特に受験生において、こういう人にありがちなことは、

復習に時間をかけてしまうことだと思います。

「もう二度と同じ問題で間違えない、次出てきたら満点を取る」

という意識は素晴らしいと思います。

ですが!

最初から全部を疑ってみるなどすると、時間は足りなくなると思います。

特に歴史系の科目。これは連鎖している部分が大きいので気づいたら時間使いすぎてたということが起きがちです。

こんなときにお勧めするのは

間違え方をパターン化することです。

①2択で迷ったうちの片方が正解だった

決定打が不足していた、すぐ確認して覚える。

②全然違う選択肢を選んだ

抜け目があるはず。それに関連するものを読む(だけにする、歴史なら用語集など)

 

おそらくこれから①は増えていきますが②は減っていくと思います。

先に丁寧にやるべきなのは②のはず!切り替え効率よくやることは戦術の一つです!

間違いの原因をたぐり、切り替え、それへの正確なアプローチを重ねていく。

自分なりの戦術を見つけ、戦い抜いてください!

 

明日のブログは森青花先生です。

いろんなことに果敢に挑戦し、合格を掴み取った彼女。彼女は自分の性格と向き合いどんな戦術を持っていたのか、必見です?

担任助手2年 井上奈美

 

過去の記事