当たり前だけど… | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 2月 5日 当たり前だけど…

こんにちは!古郡です。
早いものでセンター試験からもう半月が経ち、私大の受験も本格化してきましたね。受験生の皆さんはラストスパート、頑張っていることと思います。
さて、これを見ている受験生のみなさんに質問です(いるかな?笑)。古郡が今、受験真っ只中のみなさんに最も気を付けてほしいことはなんでしょうか!
ケアレスミス?当日の遅刻や忘れ物?
もちろんそれも正解です。ぜひ気を付けてください。
受験太り?食べすぎ注意?
終わってから痩せれば大丈夫です。春休みにランニングがおすすめ!
恋人との距離?勉強と恋愛のバランス?
そういった経験がないのでわかりませんが、きっと大事だと思います(?) あと少し、2人の愛で乗り越えて!
(去年の担任助手に、受験生時代入試の前日に好きな女の子に告白して振られたという苦い経験持つ先生がいましたが…それはきっとお互いの精神衛生上よくないのでもう少し我慢しようね!)

さて、正解は…
体 調 管 理 !
…当たり前すぎて思い浮かばんかったわ。(;´・ω・)
っていう人もいるかもしれませんね(笑)
でも、ほんとにほんとにほんとに、普段の10倍、いや100倍…と言わずに3億倍ぐらい体調には気を付けてください!!
インフルエンザ、流行ってますよね。風邪もひきやすい時期です。手洗いうがいはこまめに、徹底的に!試験の移動に使う電車の手すりや建物のドア、そしてそれに触れた手で使った皆さんのスマホにもどんな菌がついているかわかりません!本当に細心の注意を払ってください。
食べ物にも少し注意です。おなかを壊しやすいようなものはできるだけ控えましょう。知り合いに、あろうことか第一志望の前日に生ガキを食して食中毒になり、受験できなかった人がいます。そんなことには絶対にならないでくださいね!300%後悔します。
さらに、受験の最中というのは、皆さんが思っているよりはるかに体にも心にも負担がかかります。中高6年間皆勤賞だった超絶健康体のこの古郡でさえも、世の中で最も好きなもの3つが睡眠・たこ焼き・東進生のこの古郡でさえも、この時期はストレスでご飯が全く喉を通らなくなり、(物理的に)夜も眠れない日々が続くようになりました。
そういったところから生活リズムが崩れたり免疫が弱くなったりして、体調を崩して試験に行けない、行けても100%の力が出せない、ということもあります。だから、本当に、いつもよりずっと自分の体調管理には気を配って下さい!
くれぐれも、時間がないからと言ってご飯や睡眠を削ることがないように!

小野先生が書いていましたが、この時期の勉強で大事なのは「量」以上に「質」です。やることを絞って、決まった時間、集中して勉強して、あとはしっかり休みましょう。 また、不安なことがあったら必ず家族でも、学校の先生でも、もちろん担任助手でもいいので相談してください!誰かにぶつけるだけでも多少はラクになるはずです。 今だけははわがままでもいいです。存分にぶつけにきてください。
とにかく、この時期は自分をいたわりながら残りの受験生活を乗り切ってください!応援しています!!

慶應義塾大学商学部
担任助手2年 古郡啓太

 

最新記事一覧

過去の記事