スマホなんてなくても生きていける! | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2021年 7月 9日 スマホなんてなくても生きていける!

こんにちは!
担任助手1年平松倫太郎です。

 


今月は受験生に役立つプチ情報をお届けしています。


昨日のブログは深澤さんでした。
さすが青葉台校1掃除が好きな深澤さんですね。
集中するのに不可欠な要素です!

 



さて早速受験生に役立つプチ情報を二つあげていきます。
(本当は3つありましたが長くなりすぎました笑)

1.時間を最大限に使うこと
2.スマホに打ち勝つこと


まず1の時間を最大限に使うこと


もちろん、皆さんお分かりの通り、受験は有限な時間の中での勝負です。
合格するためにはより効率的に時間を使うこととが求められるわけです。


具体的にどうすれば良いでしょうか。
日々無駄に過ごしているな、と思う時間を無くしていけば良いのです。
(見つけるには1日の行動予定と結果を書き溜めていくことをオススメします)


例えば

歩いている時間

電車やバスなら英単語や数学、物理、化学何でもできると思いますが、さすがに歩いている途中に問題を解くのは難があります。

先週のブログでも落合先生が言っていた通り単語帳を見たり、暗記事項を唱えたり、いろいろ工夫できますよ!
「グルフルガラ、マルスクセロラクトレ」とか「ベロバヒ経験デスラは合理」「2,3,14,2,3,4」とか唱えて無理矢理覚えていました笑
そうやって覚えたものは意外と忘れないものです。
(ちなみに、、、、糖の名称と経験論-合理論の人物、ニトロベンゼンからアニリン塩酸塩をつくるときの反応式の係数です
)

他にも歯を磨いている時間や担任助手などに待たされている時間、学校のホームルーム前の時間など、無駄になってしまっている時間はかなりあるでしょう。いろいろ工夫してみてください!

あとは、100均で売っているB5サイズのボードは便利ですよ。数学の問題を挟んでおけばさっと解くことができます。


2.スマホに打ち勝つこと

スマホは、頭の良い方々が、いかにして利用者を拘束するか考え抜かれたものです。そんなものに打ち勝とうとすることは無理がありませんか?

ならば手っ取り早くスマホなんて解約してしまいましょう!高校生ならスマホなしでも生きていけます。
私は高2でスマホをガラケーにし、高3でガラケーも解約しました。公衆電話があれば連絡だってとれます。友達にはキチガイだって言われますけど気にしちゃいけません笑


こう言ったもののスマホの便利さは素晴らしいもので大学生になった私はスマホを買い、このブログもスマホで書いています。中毒になりつつあって、1日の5,6時間スマホを触っているってまずいですね、、

そして、こういうストイックな感じの生活をしていると鬱っぽくなったり、無気力で何もしたくなくなったり精神的にキツくなるので、余り無理はしない方が良いかもしれません。


さて、明日のブログは高橋遼平さんです!
いつも東進にいるイメージがあります笑
そんな遼平さんによるプチ情報はどんなものでしょうか?
お楽しみに!

 

担任助手1年平松倫太郎

 

過去の記事