宝物 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2015年 8月 26日 宝物

みなさん、こんにちは!!

高校の部活行って高校生のキラキラパワーに干乾びかけた川口です。
私も1年前まではあんな感じだったはずなんですけど…

ということで、今回は私の高校時代の部活について書きたいと思います。

私は中高ともにバレーボール部でした。
中学の部活が厳しかったため、高校でも続ける気はさらさらなかったのですが、なにを血迷ったか、気がついたら高校でもバレー部に入っていました笑

私は中学はアタックを打つ、レフトというポジションでした。
しかし、私は、他のチームメイトと比べて背が低いため、高校では、アタックを打ってはいけない、リベロというポジションでした。 

アタックが1番好きだったので、高校でリベロにされたとき、すごくショックだったのを覚えています。 

1年上の先輩が引退したとき、私は部長になりました。
チームに初心者が多いので、自分のことばかりではなく他のメンバーやチーム全体のことを考えなければなりませんでした。
だから、自分のプレーを上達させることにかけられる時間は限られていました。

私は猪突猛進とよく言われます。
部活をやっていた頃は、勉強しているときも部活のことを考えてしまうほど、全力で部活をしていました。
特に、その日の部活でミスをたくさんしてしまった日は、その後の東進での勉強中に「こういうことをしなければ、あんなミスはしなかった」とかばかり考えてしまって、勉強に集中できませんでした。

だから、1日、1日の練習に納得ができるように、練習の1本、1本に集中することを心がけていました。

私のチームは本番負けしてしまうチームでした。
だから、納得のいく結果は出せませんでしたが、1日、1日の練習を全力で取り組んでいたので後悔はしていません。

私は高3の6月に引退しました。
私の高校の他の部活と比べて引退の時期は遅いほうでした。
部活をやっていると、 他の人と比べて勉強時間の差ができてしまいます。

しかし、私は最後まで部活を続けたことに後悔はしていません。
この部活で出会った、同期、先輩、後輩、顧問の先生はいつも私を成長させ、支えてくれました。

こんな素敵な人達と一緒に頑張れた3年間は私の宝物です。

部活を続けている人は残りの部活動生活大切にしてくださいね。 

担任助手1年 川口美帆 

 

入学希望の方はこちら↓↓

 

 

自分にぴったりの講座を選びたい方はこちら↓↓

 

 

 

資料をご請求されたい方はこちら↓↓