大西流受験期の心構え | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 2月 14日 大西流受験期の心構え

みなさんこんにちは(^^)/

担任助手1年の大西里絵です☆☆

 

毎回ブログを書くのが上井くんの後で

正直書きにくいですね(笑)

大学同じ、類同じなので、内容をかぶせないように必死です。。

 

 

さて、今回は私が受験期心がけていたこと紹介しようと思います!

(あれ、、上井くんと内容かぶってるぞ、、?)

(私の方がより一般性が高いのでぜひ参考に。笑)

 

 

寝る

よく寝ましょう!

寝る子はとてもとても育ちます。学力も伸びます。ほんとです。

ちなみに大西の受験期の就寝時間は22時でした。ほんとです。

 

②受かる想像をめちゃめちゃする

受かる想像だけです。だけ。

合格発表の掲示板に自分の番号がある想像をします。

見つけた後に「やったー!」って言ってる自分を想像します。

入学式の想像をします。

きっとそれは現実になるでしょう。

 

③マスクをする

ホームクラスでも自習室でも電車の中でもずっとマスクをしていました。

毎年この時期はめちゃくちゃ花粉症がつらいっていうのもありましたが、

受験生の1番の敵はやはり風邪やインフルエンザですね。

気を付けてください(>_<)

 

④試験本番の想像をする

いや、どれだけ想像するんだよ(笑)って感じですよね。

まぁでも、想像力は大切です。

 

具体的にはどんな教室でどんな問題をどんなペースで解くかなどなど

色んなパターンをできるだけ多く想像してください。

「本番を模試だと思え」とよく言われると思いますが

本当にその通りだと思うし、逆も然りです。

「日々の過去問、模試を本番だと思え」

 

実際私は、周りがチェックシャツの男子ばかりの中で

試験を解いているところを想像していました(笑)

なので、本番教室に女子が7人しかいなくても

チェックシャツで寝癖やばくて貧乏ゆすりが激しい男子たちばかりでも

全然焦りませんでしたね、むしろいつも通りって感じでした(笑)

 

あとは、本番どんな問題が出るかの予想をしていました。

当たったらめちゃめちゃラッキーだし、当たらなくても本番を意識して普段の勉強ができるのでオススメ!

 

 

⑤わからない問題は諦める

勉強しているときはきっぱり諦めましょう。

わからない問題はいくら考えてもわかりません。

多少は悩んだ方がいいですが、考えて考えて

それでもわからなかったらその問題を解くのはやめます。

答えを見る前にやめます。

次の日くらいに心を無にして解いてみます。

いやーこれが意外と解けたりするんですよ(笑)

本番はあがいてくださいね、途中点結構くれます。

 

⑥強気になる

これは入試当日の話ですね

私の先輩からの受け売りなんですけど、

仮に受ける大学の倍率が3倍だとします。

要するに3人に1人は受かります。

本番、駅や電車、教室でたくさんのライバルたちに出会うでしょう。

見るからにヤバそうなやつ、頭よさそうなやつ、色々います。

その中に絶対勝てるなってやつがいるはずです。

そうです、勝手に母集合を3人決めてその中で1番になればいいんです。

「あいつとあいつには絶対勝てる。あ、じゃあ私受かるじゃん。」みたいな。

これ、めちゃめちゃオススメです。ちなみにその先輩は東大行きました。

 

 

私が心がけていたことはこんな感じ?ですかね!

もう少し色々ありましたが忘れました(笑)

ぜひぜひ参考にしてください!

 

受験生のみなさん、今日はバレンタインデーですね❤

いつも頑張っているご褒美に今日はいつもよりちょっとだけ高いチョコ、

自分に買ってあげてくださいね。

甘いものは頭の回転を良くします!

(科学的にも証明されているし、首席も言ってるので間違いないです!)

私も豪華なチョコ、自分に買いまーす★

 

では、みなさんに幸あれ♪

 

東京工業大学第7類 担任助手1年 大西里絵

 

 

最新記事一覧

過去の記事