夢と受験 後編 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 5月 15日 夢と受験 後編

 

昨日の続きです(^o^)

 

今日は自分の夢についてすこし書かせてください。

 

昨日も書いた通り、自分の夢はズバリ

エアラインパイロットです!

 

なんで?と聞かれても「なりたいから!」

としか言いようがないのですが、

強いてきっかけを挙げるならば、

2003年放映のドラマ

「GOOD LUCK」

だったと思います。

 

(写真は家のDVDです。笑)

 

キムタクが主人公のパイロット、

柴咲コウが整備士、

さらに堤真一安住アナ(笑)と言った豪華キャストも出演し、

一世を風靡した(?)有名なドラマなんですが、

生徒のみなさんはさすがに知らないですかね…

 

なんたって13年前ですもんね。

ジェネレーションギャップを感じます。(._.)

 

でもドラマのBGMは未だにテレビでよく使われてますよ!

「テテー⤴︎⤴ テテー⤴⤴︎ テテーテーテテー」っていうあれです!

(これでわかった人、すごい。)

 

まあそんなわけで、

5歳の時に見たこのドラマを境に、古郡少年は

「パイロットになる!」

と言い始めました。

 

そして18歳の今に至ります。

…一途でしょ?笑

 

(中3の修学旅行のときにドイツの空港で撮ってもらった写真です。笑)

 

さて、パイロットになるにはいくつかの進路があるのですが、

自分は航空大学校という国立のパイロット養成機関を目指しています。

そこは、大学に2年以上在籍することが入学条件なので、

自分は来年、航空大学校を受験するつもりです。

 

…え?

じゃあ別に大学どこでもよかったじゃん!?

 

一瞬そう思いますよね?

 

受験生時代の自分も、そう思っちゃったんです。

 

「どうせ航空大学校に行くから、大学はどこでもいいや〜」

みたいな感じでした。

 

でもやっぱりそれは違ったな、と思っています。

 

現実的な話、航空大学校に行ける保証なんてどこにもないし。

 

少し話が逸れますが、自分が目指しているその航空大学校は、

倍率が8倍もあります。

(これでもパイロットへの道の中では低い方なのだけれども)

 

しかも、受験と言っても勉強ができればいいというわけではなく、

すっっっっごく厳しい身体検査や、適性検査なども含まれています。

 

花粉症で落とされるなんて話も聞いたことあるし…

 

正直、運の部分も大きいんですよね。(笑)

 

さらにさらに、在学中に試験に2回連続で落ちると、

強制退学になります。

 

厳しい……

 

だから、現実的に考えて、パイロットを目指すのも

もちろん大事だけれども、だからと言ってパイロットだけにしか

目を向けないのはあまりにも無謀だと思い始めました。

 

パイロットになるということに限っては大学は

あまり関係ないのかもしれないけれど、

もしそれが叶わなかった時に、自分はどうしたいのか。

 

やっぱり空の仕事には関わりたい。

 

そう考えたとき

自分の大学受験は本当にこれでよかったのかな?

とふと思いました。

 

航空業界というのは、様々な人々によって支えられています。

 

パイロットやCAももちろんですが、

他にも航空管制官グランドスタッフ整備士ディスパッチャー

さらにさらに、国土交通省空港運営会社機内食を作る会社まで、

飛行機を飛ばすことに関わる職業や団体はとてもたくさんあります。

 

世間ではなにかとパイロットやCAに注目が集まりがちですが、

パイロットやCAにならなくとも飛行機に

関わる方法はたくさんあるのです。

 

この話は航空業界に限った話ではなく、

どの業界にも当てはまる話だと思います。

 

そういう様々な職業にも目を向けたとき、

大学がどこでもいいなんて、そんなことはないんですよね。

 

職業によっては、大学や学部にある程度左右されることがありますし、

特に専門職に関しては理系の特定の学部を

卒業していないとなかなか厳しかったりもします。

 

まあ、自分のケースは比較的レアケースだとは思いますが、

自分がここで言いたいのは、 

夢が決まっている人もそうでない人も、

出来るだけ多くの選択肢を作れるように、

大学も含めて考えておいたほうがいいよ、

 ということです。

 

もし興味のある分野や業界があるならば、

あまり1つのことにこだわりすぎず、ぜひ、そこを軸に

できるだけ幅広い視点を持つようにしてみてください。

 

夢も大切。

でも、もう高校生のみなさんには、

現実的な考え方というものも大切です。

 

もちろん、だからと言って挑戦をせずに

安全な道ばかりを歩めというのではありません。


挑戦をしつつ、先を見据えた幅広い

考え方を持って欲しいなと思います。

 

 ・・・なんだか書いてるうちに話が変わっちゃいました(汗)

 

最後に、自分があるパイロットの方から

頂いた言葉を紹介して終わりとしたいと思います。

 

「自分の夢は周りの人にどんどん言ったほうがいい。

人に言ってるうちに叶えなきゃって思うようになるからね。

実際に叶うかどうかなんて心配しちゃ駄目だ。

叶うかわからないから隠しておくというのは、勿体無い。」

 

というわけで、夢が決まったら、みなさんバンバン周りに宣言しちゃいましょう!!

 

なんだか長くなっちゃいました(~~;)

 最後まで読んでくれてありがとうございます!

 

明日はイケイケ慶應BOYの圭一郎先生です!

 

明日もお楽しみに〜o(^▽^)o

 

GOOD LUCK!!

 

慶應義塾大学商学部1年 古郡啓太