夏こそ○○ | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2021年 8月 3日 夏こそ○○

皆さんこんにちは!

担任助手1年の三橋茉由子です。

 

いよいよ夏がやってきましたね。

毎日暑すぎてアイスが欠かせません…

最近のお気に入りのアイスはセブンの”まるで〇〇シリーズ”!

マンゴーは定番でしたが最近は桃やメロンも発売されてます

めちゃくちゃおいしいので是非食べてみて~

 

ということで、

今月のテーマは「夏にやっててよかったこと・やっておけばよかったこと」

私からは低学年のときにやっていてよかったことを書きます。

 

私は高2の4月に東進に入塾しました。

基本的に勉強は家ではしない人間だったので、

勉強するなら東進で!!

という習慣がついていました。

ですから、

何も予定がない日は東進

部活がある日は終わってから東進

友達と遊ぶ日はその後に東進

という生活を送っていました。

 

勉強しない日は作らないと決めていたので、

そうするには東進行くしかない。といった感じですね。

 

これにはメリットがいくつかあって、

1.周りとの差をつけられる

まだ受験まで時間があると周りの友達が思っている中で

毎日少しでも勉強することで

勉強時間的にも知識的にも差が付きます。

みんなと会わないこの夏休み期間に一気に差をつけよう!

昨日の落合桜先生も言ってましたね。

 

 

2.勉強の習慣がつく

これは受験を迎えるすべての人に大事なことであって、

高3にもなるとさすがに毎日勉強する日々が続きますよね。

ただ高3に上がるまで勉強をする癖がついていないと

勉強がだんだん飽きてしまったり、嫌になってしまいます。

だから勉強を生活の一貫にしてしまおう!ということで

低学年のうちから毎日勉強を心がけてほしいです。

 

ただ毎日勉強をそんなに重く考えてほしくなくて、

忙しい日はマスターをやるだけでもいいし、

学校の宿題を少し進めるでもいい。

時間のある日はどんどん受講を進めるだとか

問題集を解くとか!

勉強をルーティン化をしてみてください。

 

私からは以上です。

上手くオンオフを使い分けながら夏休みを楽しみましょう!

 

明日は夏が似合う男ランキング一位

大岩先生です。

                      夏休みを自分のものにするために

必要なことを教えてくれます!

お楽しみに

 

担任助手1年 三橋茉由子