古郡から受験生のみんなへ | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 1月 11日 古郡から受験生のみんなへ

こんにちは!古郡です。

 いよいよセンター試験ですね。
本番をまさに迎えようとしているみなさんに、
古郡から伝えたいメッセージはこれです! 

「考えるな、リラックス!」

 そんなこと言われても色々考えるわ!
…って思った人もいるかもしれませんが^^; 

でも、みなさんにはとにかく
リラックスして受けて来て欲しいのです。

上手くいかなかったらどうしよう、
どこも受からなかったらどうしよう、
多くの人がそういった不安を持っていると思います。
そして、その不安が原因で少なからず緊張すると思います。

もちろん、本番で緊張するなとは言いません。
むしろ、少しくらい緊張感を持っていた方がいいと思います。
でも、緊張してガチガチになってしまうと、
いいことはありません。

「このマーク一つで人生が変わる…」なんて思って、
いつも以上に慎重になりすぎたり、
時間をかけすぎたりして、
普段出せていた力が出せなくなってしまうかもしれないし、
試験中、普段から無意識に書いていた漢字やイディオム、
公式なんかが急に疑わしくなってきてしまって
パニックに陥るなんてこともよくあります。

だから、とにかく気持ちをラクにして
受験に挑むことが大事。

では、どうすれば受験会場でリラックスできるのかということですが…

古郡式リラックス方法は、音楽を聴くでもなく、眠るでもなく、
ずばり「考えない」ことです!

先ほども言いましたが、緊張というのは大体未来への不安からくるものです
(
と古郡は思っています)
今までみなさんは、多かれ少なかれ、
志望校に合格した自分をイメージしながら勉強して来たと思います。
だからこそ、そのイメージ通りにならなかったらどうしよう、
というプレッシャーを感じているのではないでしょうか。

そんな人は、一旦未来のことを
考えるのはやめちゃいましょう!(笑)

 試験前や試験中にいくら試験の結果のことを考えたって、
結果がわかるわけではありません。
それは神のみぞ知ることです。
もし落ちたら…なんて考えていて受かっていたら、
悩んだ時間がもったいないでしょ?笑

だから、とにかく本番や本番前は、頭を空っぽにして
目の前の問題や勉強に100%
の力を注いで来てください!
試験後の心配は試験後にすれば良い!!

試験当日、大事なことは、今まで脳みそに蓄積してきた知識や解法を
いかにフルで試験にぶつけられるかということです。

今までやってきたこと以上のことはできないのだから、
やってきたことを100%
出すためには
やっぱりリラックス!平常心で受けるのが1番!

なんとかなるさ!
どうにでもなれ!

くらいの気持ちで、さらに言えば試験を楽しむくらいの
余裕があるとなお良いですね。

万が一なんとかならなかったら、その時考えればいいさ。
極端な話、受験に失敗したからといって人生おわるわけじゃないし。笑

だから、失敗を恐れず、
胸を張って
受験してきてください!

健闘を祈っています!!
GOOD LUCK!!

 慶應義塾大学商学部2年 古郡啓太

 

過去の記事