古文を焦らなきゃダメだ! | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2015年 9月 27日 古文を焦らなきゃダメだ!

受験生時代、僕は古文を重要視してました!
なので今回は但馬流古文勉強の基礎をお教えします!古典はセンターでは50点。一般試験では三分の一を占めたりすることも多い重要な科目の1つです!苦手だからと言って後回しにしてはいけません!必ず向き合いましょう!受験期直線に仕上げようなんて思ってはいけません!

これから言うものは高校三年生の今からでも頑張れる方法です
そして高校二年生は出来るだけ早く古文を完璧に仕上げあげましょう

1 古文単語を覚える
2 古典文法を覚える
3 古文常識を覚える
4 敬語を理解する

古文単語と古典文法をやらずに置くというのは、英語で言うならば英単語と英文法をやらずに長文を解くようなものです 😥
解けるわけがありませんよね。
でも英語と違うのは覚える量です!古文単語は300~400単語覚えておけば大丈夫です!
文法も英文法に比べれば暗記するものだけで一週間、一時間ほど勉強すれば終わるでしょう!
そこで初めて基礎が終わります。
そして古文常識を覚えます!古文常識は読解にも背景知識でも使えるので覚えましょう。最近の単語帳には古文常識まで乗っているものが多いです。確認してみましょう。
敬語の対象など誰が話してるのかを理解出来るようになりましょう。読解の前提となります!
読解方法は授業や持っているテキストで確認しましょう!
もし悩んでいるのなら読解について自分で調べてみましょう!
ここまでで初めて解けてくるようになります 😆
根気よく向き合い安定した得点源にしていきましょう!

担任助手1年 但馬信太郎

体験授業のお申込みはこちら

 

入学希望の方はこちら

 

東進のシステムはこちら

 

自分にぴったりな講座を選びたい方はこちら

東進の授業を体験⇒Web体験授業

過去の記事