受験生時代に思うこと | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2018年 2月 23日 受験生時代に思うこと

こんにちは。担任助手1年の横山奈々です。

私は今担任助手をやっています。しかし、東進に通っていた頃は

ぜんっぜんやる気はありませんでした。

担任助手の方々ともよく話す生徒ではなかったですし

色々なこと言われそうで嫌だな・・・とも思っていました。

話したのは担任助手の一井さん、担任の木賀さん、化学を教えてくれた藤井さんくらいです笑

なので担任助手の仮エントリーも眼中に無かったです。

けれどなぜやろうと思ったのか、それは自分の能力が上がりそうだったからです!

 

私の夢は薬剤師になること、なって不安な人を笑顔にしたいです。

その薬剤師という仕事にはコミュニケーション能力が必要です。

患者さんの顔を見て調子はどうかとか感じる必要があります。

それと、生徒と接して話したりモチベーションを上げたりという仕事が似ているなと思ったのです!

あと、担任助手の皆さんはきらきらしていて、楽しそうだった素敵に見えました

そんなこともあり、受験が終わった私に木賀先生がやらないか?と勧められて面接を受け、見事受かったのでこの場にいます。

なので木賀先生には感謝ですね笑

 

高校生の私は大学生は暇そうでいいなとか、自由そうだなという憧れがありました。

まあそういう人もいますしそうでない人もいますよ笑

でもとにかく受験勉強は、第一志望に落ちた自分を想像して悔しいなと思ったり、

受かった自分を想像してテンション上げたりしてモチベーションを保っていました。

これは結構大事なのでおすすめしますよ(^-^)/

 

以上!読んでくれてありがとうございました!