卒業論文は楽しいな | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2015年 12月 31日 卒業論文は楽しいな

皆さんこんにちは!四年生担任助手の庄田です。

 

最近はどんどん気温が下がってきてますので、皆さん体調管理には気をつけてくださいね。

一日一日大切に!がんばろう!

 

さてさて、本日は私庄田が大学生生活の集大成「卒業論文」について皆さんにお話しましょう!

卒業論文とは

①ゼミの中で勉強してきたものから、テーマを自由に決定!

②データの分析、資料の作成、ヒアリング、アンケート等様々な調査を実施!

③収集したデータを下に、自らの論を文字にしたためる!

 

とっても楽しそうでしょ!?

ではでは詳しく。

①ゼミの中で勉強してきたものから、テーマを自由に決定!

大学ではゼミというものに大抵の学生が所属します。

ゼミでは、大きなテーマをみんなで議論し、お互いの見識を深めます。

ちなみに、私のゼミは「都市地理学」です。

都市という空間の中で、人々のどのような営みがあり、それらに地域差や特色はあるのかといったことを研究します!

その大きなテーマから、自ら興味のあるテーマを設定し研究していきます。

 

②データの分析、資料の作成、ヒアリング、アンケート等様々な調査を実施!

研究というと、先人の研究から学ぶことももちろん大切です!

しかし、新たに研究を進め、自らの論を展開するには、データが必要です!

データは政府統計をはじめ、アンケートやヒアリング等で様々なデータを収集します!

このデータ収集が卒業論文の肝ですね。とっても刺激的で楽しいですよ。

 

③収集したデータを下に、自らの論を文字にしたためる!

私も徐々に収集したデータから考えられることを文字にしたためていますが、これがなかなか難しい。

ブログを書くわけでもなく、メールを打つわけでもなく、論文を書くのですから。

全体に一貫して「これを明らかにしたいんだ!」という軸が必要ですね。

そこからぶれないように、分析した結果を文章にするのはなかなか骨の折れる作業です。

 

卒業論文はこんな感じで作成していきます。

四年間の集大成、ぜひいいものを作りたい!そんな気持ちで日々がんばっています。

皆さんも、いずれ書くことになると思いますが、

なにに興味があるか、どんな勉強がしたいか

そんなことを考えながら、勉強がんばってくださいね!

 

それではまた!

 

担任助手4年 庄田一喜

体験授業のお申込みはこちら

入学希望の方はこちら

東進のシステムはこちら

自分にぴったりな講座を選びたい方はこちら

東進の授業を体験⇒Web体験授業

最新記事一覧

過去の記事