北村のメンタルケア | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 7月 3日 北村のメンタルケア

全国のみなさんこんにちは、こんばんは、夏休みを1ヶ月後に控えテンション爆発しそうになりながらもタイ語の勉強に追われている北村絢那です。

受験生のみなさんからしたら「こないだ高3になったばっかりだったのにもう夏休みかよ、、(´・ω・`)」といった感じですよね。

私も去年の今頃はそんな感じでした。え?北村さんが?って今言ったでしょ。聞こえてますよ。まあ今の私のイメージからは想像しにくいと思いますが、かなりメンタルブレイクしやすい生徒だったんです。

特にこの時期私は志望校について迷いに迷いまくっていました。もともと高1の時から早稲田大学の文化構想学部志望で、早稲田に行くためだけに勉強してきたのにちょっと慶應に浮気したりして、、、

まあその話はまた今度、志望校選びについて話す時に詳しく書こうと思います。

とにかくそんな感じで私は精神的にあまり強い方ではなかったので、自分なりにメンタルケアの方法を考えて実践するようになりました。

 

まず一つ目!
担任助手と話す!!

これは鉄板ですね。
私は普段は担任助手とはあまり話さない方だったのですが、どうしてもつらくなった時だけは話を聞いてもらっていました。悩みや相談事って他人に聞いてもらうだけでもかなり心が軽くなりますよね(^o^)!!

二つ目!
日記を書く!

これです。これなんです。私の最大の救世主。悩みがあっても、友達に言い過ぎたらうんざりされるし、、、
って時に最適!!自分の思ってること、最近の悩み、世間の闇、あんな人やこんな人のいろんなこと、とにかく家に帰ってからぶちまけました。笑
そうすることでスーっと心が軽くなるんです!不思議なことに!

わたしはこの日記を書く習慣を今でも継続してます。といいたいところですが最近は全然書けてないんです、、、
反省してます。でも受験期に本当に救われたのは事実です。

三つ目!
思いっきり泣く。

限界を感じたら泣いてました。笑
これが一番のストレス解消法になるんじゃないかなーって思います。

すべてに疲れた時は帰り道とかお風呂の中とか部屋の隅とかで人目を気にせず思いっきり泣いてみてください。
スーっと肩の荷が降りますよ(^o^)!

私が実践していたのはこの3つです。受験期は悩んで悩んで、それでも前に進むしかなくて、、、

とにかく自分との戦いです。ライバルは全国に何万人のいますが、結局は自分に勝つしかありません。

自分は他の誰よりも強いと胸を張って言えるような、強い人になってください。

明日のブログは渡部先生です!お楽しみに(*^^*)

明治大学情報コミュニケーション学部 担任助手1年 北村絢那