先が見えないけれど | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2020年 6月 2日 先が見えないけれど

こんにちは!

法政大学社会学部1年の井上奈美です!

今回は今高3生がやるべきだと思うことと

今高1.2生がやるべきだと思うことについて話したいと思います。

 

 

・高3がやるべきこと・

1に受講を早くしっかり終わらせること(SSとる!!)

2に一問一答、漢文、単語熟語帳、文法書 3に過去問!

1は早いだけでは絶対にダメです。前の朝礼でも話しましたが、

東進の講座は質が高い分、やはり料金もそこそこにかかっています。

ですが講座をとった人がどう使うかにより、かなり差が開きやすい側面が強いです。

しっかりSSにしてその講座で得られる最大のものを得てから次に進みましょう!

目指せPOS美人!

2のインプット系は本当に侮ってはいけません!特に地歴科目。

一問一答買ったはいいけど…で終わっていませんか?本当にこれはやりこめばやりこむほど成績が上がります。

私は去年、寝る前1時間は日本史の一問一答に触れたことで

8月模試で青葉台校最高得点を取ることができました。

あまりやれていないと思った人!☆3・2だけでも進めていきましょう!

3の過去問はできるだけ早く、そして量を重ねることが大切です。

私は第一志望校の過去問に対し臆病になってしまい、触れるスピードが遅くなってしまいました。

受験で一番後悔したこと、と言っても過言ではありません。初めはできなくたっていいから傾向や自分のレベルとの差異を知ることが大切です。それらに合わせる期間をできるだけ長くとるためにも解いてみましょう!

 

 

・高1.2生がやるべきこと・

1に志望校をきめること、2に夢や志をみつけること、3にマスターです!

はぜひ、自分が高3になって受けるところ(共通テスト利用の学校も含めて)すべてを考えてみてください!そして(オーキャンの季節になったらぜひ沢山行ってみてください。)高3になったら思うように行けません。

2は本当に今だからできることです!志作文に挑戦してみてください。

私は正直生徒時代すごく志作文は面倒くさかったですが、けれど文字に起こしたことで自分のやりたいことを見つけるヒントになりました。夢が決まっている人も決まっていない人もぜひ挑戦してみてください。

3のマスターは低学年であればあるほど意味があります!

私は高1の春に入って高1のうちに3冠をしたのですが、そのあと単語帳をやるとき、

マスターでやっていた分、入りが楽でスムーズに進めることができました。

またマスターを終えられたことは大きな自信にもなりました!

マスターを進められてない人、本当に早くやればやるほど得です!ぜひ進めていきましょう!

 

緊急事態宣言が解除されて、

もう少しで学校が始まるという人がいると思います。

学校が本格的に始まってもいままで以上に

受験勉強に本腰を入れられるようにがんばっていきましょう!!

私も大学の行方を気にしながら

たんまりある課題をしっかりこなしていきたいとおもいます!

先が見えないけれど共に頑張っていきましょう!!

 

 

担任助手1年 井上奈美