僕はキリンで、何度も自分を生みなおし、首を長くする。 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2020年 4月 28日 僕はキリンで、何度も自分を生みなおし、首を長くする。

こんにちは。佐野です。

 

年月が流れるのは早いもので、もう高校を卒業してから1年がたってしまいました。

かれこれ2度目の春ですね。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

おそらく、例年では考えられなかったようなスケジュールだったり、環境になっていて

大変だと感じている人もいると思います。

 

ただ、みんなにはこの環境にうまく適応してほしい。

この環境を言い訳の材料にしてほしくない。

 

この地球では、変化に対応できないものは滅びる。

ペルム紀後期に絶滅した三葉虫も、白亜紀末に絶滅したとされる恐竜も。

どれも変化に対応できず滅びた。

 

最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できるものである。

 

とダーウィンは言い、

 

進化し続けない限りは、後退していることになるのです。

 

とナイチンゲールは言う。

 

時間を流れるものとするならば、それは一方向に流れている。

その時間の中で、自分がいつまでも同じ場所にとどまっていればそこは過去になる。

 

何もしないということは、現状維持ではない。後退することである。

やるべきことをやって、初めて現状維持

一歩先に進むためには、その程度では満足できない。

 

時の流れに適合できず、落ちぶれるな。

環境に適応、

いや、環境は作り出せる。

 

自分の可能性を最大限まで引き出そう。

 

 

 

 

 

というようなことを担任助手一年間を通して感じました。

どんな時でも自分を変えられるのは自分であります。

これをひしひしと感じながら僕はこれからも進歩します。

 

そして、このブログを見てくれている君が、

生きたいように人生を歩めることを願ってます。

 

そのためにもこの1年間、2年間は大切にするんだぞ!

どこにいてもみんなのことを応援してるからな!!

 

今年の受験生!来年の春には笑っていい報告をしてくれることを待ってるよ!

 

さらば!

 

「明日のブログは高柴先生です。わくわく。」

 

担任助手2年 佐野風史