使っていた参考書② | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2016年 7月 12日 使っていた参考書②

今度は期末試験が近づいてきてあたふたしている井口です!

 前回に今回も続き今まで使っていた参考書について書きたいと思います!

 今回は化学の参考書です!

 化学を使わない皆さんごめんなさいm(_ _)m

 

1,セミナー化学 

化学を使う人は大体この参考書を知ってるのではないでしょうか?

僕は高3の夏休みまで使っていました

難易度は超基礎レベル〜センター試験レベルです

セミナー化学は難易度的にも題材的にも圧倒的網羅性があり、この一冊だけで化学の基礎学力をつけることができます!

センター試験でいうと、この一冊だけで80点は取れると思います!

化学をあまり勉強したことがない人、化学の基礎をもう一度確認したいという受験生に最適な問題集です。

 

2,化学重要問題集

この参考書も化学を使う人なら大体知ってるのではないでしょうか?

これは夏休みに無機分野だけやり、理論と有機はセミナー化学が終わってから始めました

完全にセミナー化学から重要問題集に移行したのは9月入ってからだったと思います

この参考書は、センター〜早慶・難関国公立の化学を攻略したい受験生向けです!

センター試験でいうと、化学で7割を超えている人にオススメです!

化学重要問題集は主に「要項」「A問題」「B問題」で構成されています

「要項」・・・公式などの要点のまとめ

「A問題」・・・難関国公立2次・私大レベルで出題される頻出問題

「B問題」・・・旧帝国大・早慶レベルに匹敵する応用問題

上に書いた通り比較的難易度の高い参考書になっています

ただ、化学が得意な人、定期考査は点取れるのに模試で化学の点数が伸び悩んでいる人はこの参考書を早い段階で使ってみてもいいと思います!

 

 3,大学受験Doシリーズ(無機、有機)

このシリーズの良いところは「暗記」「理解」の部分が明確に分かれているところです。

別冊で「最重要ポイント総整理」とあり、暗記部分のリストがあります。

この本を使うことで、暗記部分の背景を本で理解でき、別冊で簡単に復習できるという、最も効率の良い勉強ができます!

 

以上計4冊の参考書を紹介しましたがいかがでしょうか?

化学は受験生が多い分、参考書も充実しています!

ぜひ、本屋に足を運んで自分にあった参考書を探してみてください!

 

次回のブログは・・・ 

 

電気通信大学1年 井口雄太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の記事