センター試験 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2020年 11月 26日 センター試験

こんにちは!

昨日の小川先生のブログは読みましたか?

大学生になっても役に立った参考書を紹介してくれていました。

今の勉強は受験勉強だけにとどまらないことを再認識させてくれますね。

 

 

さて、今回のブログのテーマはフリーテーマということで、

センター試験

について、私、下条の体験に基づいて書きたいと思います。

今年からセンター試験に変わって共通テストになりましたが、

基本的なところは変わらないと思うので、少しは参考になるかなと思います。

 

まずは、直前期の勉強についてです。

おそらくこれまでの模試で自分の苦手な科目、分野はある程度分かっていると思います。

そこを重点的にやるのはとても大事で、一番の伸びしろですので頑張ってください。

しかし、それだけにかけるのもあまりお勧めしません。

どれだけ模試や過去問でとれていた科目、分野も侮らずに

確認程度にはやっておくとよいと個人的には思います。

実際、私は文系科目に時間をかけすぎて、

理系科目にほとんど時間をかけなかったところ、見事にやられました。

皆さんには同じようなことになってほしくないので、ある程度まんべんなくやるとよいと思います。

 

 

次に当日についてです。

おそらく皆さんは学校で申し込んでいるため、

試験会場では周りに学校の友達がたくさんいると思います。

そのため、少し緊張はほぐれるかもしれませんが、友達と話すことはあまりお勧めできません。

それは、友達が本番の試験の答え合わせをしはじめたり、

「これ知ってる?」などを聞かれて知らかった場合に、余計な不安を抱いてしまったり

するからです。

 

対策としては、イアホンをするのがおすすめです。

周りの会話が聞こえてくることもないですし、友達から話しかけられることもあまりありません。

少し教室からはなれて静かな廊下で、落ち着いた気持ちで

直前の確認をするのもよいと思います。

 

また、あらかじめ試験当日のシミュレーションはしておくべきだと思います。

「何時の電車で行って試験会場には何時につくのか」

「数学の試験前にはどの参考書やノートを見るか」

「当日は何を持っていくか」

などです。気持ちに余裕をもって万全の状態で挑みましょう!

 

最後に、これはよく言われていることですが、

一日目に自己採点しないこと!

一日目はすべて満点だと信じて、二日目に備えましょう。

 

これ以外にも何か不安なことや当日の雰囲気などわからないことがあれば

校舎で気軽に聞いてください!

では、共通テストに向けて頑張ってください!

 

 

明日のブログは

藤原侑香先生です。

お楽しみに!

1年担任助手 下条温悦



 

 

最新記事一覧

過去の記事