ジブンクントタタカエ  | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2020年 8月 1日 ジブンクントタタカエ 

こんにちは

最近話せる生徒が増えてきて嬉しい

法政大学社会学部の平野栞です^^

 

 

今回は18年の人生の中で感じたことをお話しします

 

 

いや、重くない!?って思いました!?

実は私こういう「人生」について

ある友達と話すのが大好きです^^

(どういう友達やねん。)

 

※先に言っておきますと、

誰やねんと思うほど、上から目線ですが、

きっと胸に刺さると思うのでどうか読んでください💕

 

 

 

私のまだ短い人生の中で(←ここ大事)

一番感じたこと

「結局自分」ということです

 

生まれたときはみんな平等という人もいるけれど、

私はどんな家庭、環境、容姿、性格、潜在能力

で生まれたかは人によって違いがあると思うし、

どうにもならないこともあると思います

 

 

でも、自分次第で変えられる、

成長できることもたっくさんありますよね

 

何かを頑張りたい、変えたい、成し遂げたい

とするときに常に寄り添ってくる

最大のライバルこそ

「自分」です

 

勉強や部活をしている中で、

それを感じたことのある人は

たくさんいるのではないでしょうか

 

自分が自分である以上、

常に一緒にいる自分くんからは逃げられません

嘘もつけません

 

 

 

自分自身の気に入らない所が

あるのなら変えよう。

なりたい自分があるのなら

そこに向かって自分と戦おう。

 

と思うけど、

一生懸命頑張り続けるのって、

体力も精神も必要でとても大変なことですよね

 

 

 

でも、努力をしたことによって

なんか特別な能力、特技があったり、

成功者だと周りから思われる人は

自分と戦って勝っているから

かっこいいんだと思います

 

 

 

ただ潜在能力が高いだけだと

私が思っていた人でも、

努力した過去があるから

今輝いているんだと最近分かりました

 

輝いている人の中で努力していない人はいないってことです

 

 

「自分はバカだから」「集中力がないから」「朝弱いから」

本人がそう思うなら事実なのかもしれません

 

私自身も潜在能力が人より長けていると思ったことはほぼありません

 

 

 

でもそんな言い訳をしたところで、

それらが直るわけではないでしょう?

 

そんなことしてるくらいなら変えろって話ですよね

 

親も担任助手も先生も指摘することは出来ます

いかにそのクオリティを上げるかは担任助手も頑張らなくてはいけない所です

 

でも最終的に変えるのは自分です

頑張るのは自分です

 

そう!今ブログを読んでいる

あなたなのです!!!

 

 

結局「自分」

勉強も受験も「自分」

人生「自分」次第です

 

自分にしか変えられません

 

 

自分に圧勝しよう

自分君をボコボコにやっつけてしまおう!🌟

 

 

読んでいただきありがとうございました^^

 

担任助手1年  平野栞