コロナ禍で判明した私の弱点 | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2021年 9月 15日 コロナ禍で判明した私の弱点

こんにちは

平野です。

夏休みなので、「今日の心理学」は今回はお休みです。

楽しみにしていた方ごめんなさい、、💓

 

大学生のつぶやきということで、

最近感じることを、つらつら書きます。

いい感じの内容だと思います。(自分で言うな笑)

気休めに読んでみて下さい。

 

 

私が最近自分に対して感じることがあります。

結論から言うと、「私は周りに人がいることがすべてなんだな」ということです。

 

私は人といるのが好きです。大学でも心理学を学んでますし。

大人数でも少人数でもインドアなことでもアウトドアなことでもいいんですけど、とにかく人と喋ったり、コミュニティがあったりするのが好きです。

いくら落ち込んでいても、「ひとりでいたい時」は今まであまりなくて、そういう時も人にすぐ相談したいし、隣にいてほしいような性格です。笑😌

 

しかし、

1年ほど前、コロナ禍で今よりもっと「外出自粛」の指示が厳しかった時のこと、

(星野源さんがギターで外出自粛の曲を作っていた時くらいのこと)

私は自分の弱点を見つけてしまいました。

 

それは、

「一人でいるのが苦手」ということです。

もっと言うと「ひとりだと自分を楽しませてあげられない」ということです。笑

 

高校生までは毎日学校行って、部活行って、塾行って、遊んで、、を繰り返していたので、気づかなかったのですが、自分は「人といるのが好き」な反面「ひとりでいるのが苦手」なことが分かりました。

 

私はそんなにオタク気質ではたぶんないので、当時特別ハマることもなかったし、

なんならずっと家にいなければいけないとなると、何のやる気も起きませんでした。

それが分かった時は

正直びっくりしました。

自分をなんでも前向きにやる人だと思っていたので、、笑

周りに人がいたからこそ、モチベーションが保たれていたんですね、、、🥶

(私の周りの人達、、、、尊い、、、今までありがとうございます、、、、。)

 

 

皆さんはコロナ禍をどうお過ごしですか、、、??

(高校生はあまり変わらないのか、、?)

 

私は檻の中にいる気分でした。(重症笑笑)

「いくらでも家にいれる」とか「オンライン授業の方がいい」とか言ってる友達を理解できませんでした。笑

家族も仕事に行ってしまってあまり遊べないし、、みたいな。

なので、友達と電話ばっかりしてました。笑

 

でも!!!

弱点を自覚してから1年経った今は、少しずつ克服へ向かっています。

この1年、自動車の免許を取りに行ったり、ジムに行ったり、読書をしたり、ギターを練習したり、、

「自分を自分だけで楽しませること」が段々と出来るようになってきました。

 

 

コロナ禍のおかげで平野は少し成長することができました。㊗㊗㊗㊗㊗㊗

その点だけでいえば、このご時世に感謝ですね。

まあ、早く終わってほしいけど!!

 

皆さんも、コロナ禍でイベントが中止されるなど、マイナスな気持ちになる人がほとんどだと思いますが、

このご時世だからこそ、「気づく」ことがあるかもしれません。

 

担任助手2年 平野栞

 

 

 

講座診断 入学申込 資料請求 体験授業