みんなもなろう。 | 東進ハイスクール 青葉台校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2021年 12月 21日 みんなもなろう。

年末の恒例行事。

ゆく年を振り返り、

くる年の意気込みを語る。

 

個性豊かな担任助手が、

ゆく年をどう考えていたのか、

くる年をどう考えているのか、

毎年、読者としてはとても楽しみです。

 

一方で、書き手としては、

あまり好きなイベントではありません。

なぜなら、新年の抱負を1年間覚えて過ごせた

試しがないからです。

 

ただ、来年は僕にとって大きな転換点となる

という事実は隠せません。

かく言う僕も一応、

大学生から社会人になる予定です。

 

そんな大きな区切りとなる年なので、

みんなに習って2021年を振り返り、

2022年の 意気込みを書いてみようと思います。

 

 

2021

担任助手として最後の1年でした。

4年間担任助手を続けさせてもらって、

改めて、担任助手という仕事は

やりがいがあると感じました。

 

僕は、担任助手が生徒のみんなに

提供できる価値は大きく2つある

と思っています。

 

1つが、機能的価値です。

質問に対応したり、

講座を提案したり、

スケジュールを作成したり、

受験校を考えたりするのがこれに当たります。

これは、

大学受験で成功するために大切なものです。

 

もう1つが、情緒的価値です。

勉強のモチベで悩む生徒の相談に乗ったり、

志望校を諦めかけてる生徒の背中を押したり、

受付で雑談したりするのがこれに当たります。

これは、

青葉台校で勉強するために大切なものです。

 

合理的で結果至上主義な大学受験

という世界に携わりながらも、

その中で、人に向き合いエモーショナルな

価値を提供できる担任助手という仕事を

4年間もさせてもらったという経験は、

きっと、社会に出てからも役に立つと思っています。

そんなかけがえのない経験に

感謝しつつ楽しんだ1年間でした。

 

 

2022

今までは、何となく想像のつく新年を迎えてきました。

しかし、今年は違います。

理由は、未体験の世界に飛び込むほかありません。

 

一生懸命やり続けます。

楽しみます。

結果出します。

 

これを新年の抱負とさせてください。

これなら忘れず1年間過ごせそうです。

明日は真亜紗ちゃんが書いてくれているニダ

 

担任助手4年大岩優斗

 

講座診断 入学申込 資料請求 体験授業