ふじもとーーく#10「CENTER×CENTER」 | 東進ハイスクール青葉台校|神奈川県

ブログ

2020年 1月 5日 ふじもとーーく#10「CENTER×CENTER」

                             こんにちは。CENTER OF UNIVERSEこと藤本琉平です。♦

皆さん、昨日のめぐちゃんさんのブログは読みましたか?

Wi-Fiに嫌われた僕はまだ読めていませんが、きっとおもしろいはずです。

国立理系の人は今すぐ読みましょう。

 

さて、センター試験本番まで2週間となりました。

この時期は何をすればいいのか。

今回はこの時期にするべき2つのことについてお話しようと思います。

 

この時期にすること1つ目は発アク!

センター英語第1問の発音アクセントは配点も低く、なあなあで済ませている人も多いはずです。(すでに出来ている人は2つ目に飛んでください。)

しかしbut、この第一問は非常にお得な問題でこれからきちんと対策すれば簡単に満点近く取れてしまうのです。文脈が胡散臭くなってきたところで具体的な話に移ります。

ネクステとかヴィンテージとか文法書は持っていますよね?

それらの文法書の巻末に5ページくらいの発アクコーナーがあると思います。

あまり使わない人が多いのですが、このコーナーほんとに良い。

付属のCDを聴きながらネイティブになった気になってそれっぽい発音でディクテーションしてください。だいたい1週間くらい続けるとかなり力がついているはずです。

もちろん、1週間で掴めなかったらもう1週間やりましょう。

1週間で掴めた人も、もう1週間やりましょう。

一週間フレンズ。(笑いどころ)

まあいい。センターの発アクは基本的にみんながよく間違えるところが聞かれるのですが、もう大体相場が決まっています。それを押さえている文法書。使わない手はないですね。

 

この時期にすること2つ目はリスニングです。

リスニングも対策をおろそかにしている人が多いと思います。

勉強法分かんないしね。2次試験でリスニングをやる人については分かりませんが、センターリスニングについてはやれば上がる科目です。

やり方としてはリスニングの過去問を3年分くらい解く。おそらく1つくらいは高得点を取れると思いますが、1つは点数が振るわないと思います。(すでに出来ている人は最後のまとめまで飛んでください。)

1番できなかった年の過去問が君の相棒です。(てーてれてー♪)

その問題のどこを聴き取れず、何を勘違いして間違えたのか。解説とにらめっこしてその分析を繰り返します。いつかのブログでも書きましたが、復讐は最低10周以上です。

 

以上が、この時期にするべきことです。

やり残しの許されない受験勉強において、まだまだ見て見ぬふりをしていることがありますね。これからはとにかくそんな穴を埋めていきましょう。

それはもちろん私大の話でも、国公立の2次試験の話でもあります。

センター直前と言えど、優先度は考えてください。

センターが上手く行けば調子よく行くぞ、などと脅されたりすることもあるかと思いますが、人によってセンターの重要度は違うはずです。どれだけセンターに力を入れるのか、自分の頭でよく考えましょうね。(既に出来ている人はこんなもの読んでないで勉強しなさい。)

 

明日は青葉台校のスーパースイマーであり連続勤務ギネス保持者Kei Fukasawaさんです。

ぜひ読んでくださいね。

 

To Be Continued…

 

担任助手1年藤本琉平